2008_06
30
(Mon)16:15

強盗

一人暮らしをしていたある日のことです。

いつもの様に仕事をあがって、マンションまで歩いて帰った。
その当時、勤め先と住まいは歩いて行き来出来るぐらいの距離でした。

かばんから鍵を出し、鍵を差込みドアを開けようとした瞬間、悪寒と寒気と恐怖が走った。
ドアの脇にある小窓のガラスが無造作に割られていたんです。

震える手で鍵を開けたら、鍵が回らない・・・。玄関のドアは開いていたんです。

恐る恐る、玄関を開けると、そこはもう言葉に出来ないぐらいの惨事でした。

何もかもめちゃくちゃで、足の踏み場もなく、電気も付いていた。

何がどうなっているのか、直に理解する事は私には出来なかった。

体がガタガタ震える、手が震える、手先も冷たい、めまいがする、どうしよう・・・。
頭の血の気が引いて行く…。

呆然と立ち尽くしてそのままどれぐらいたっただろう…。

はっと我に返って家の中へ恐る恐る入ってみた。
居間も、更にひどい惨事。
タンスは引き出され、衣服は放り出され、押入れもメチャクチャ。

一番驚いたのは、蛍光灯の電気を付けるために付いているヒモがたった今までここに誰かがいたと言っているかの様に、揺れていたこと。

どうしよう、どうしよう・・・。

とにかく、慌てて警察へ電話をかけた。
助けて下さい。大変なんです!誰かが家に家に押し入ったんです!
落ち着いてください。
そんな警察の方の言葉だけ覚えています。
あとは、何をどう喋ったのかは全く覚えていません。

たくさんの警察の人達が家にきました。
色んな制服を着ている人達が。

何処にも、何も触ってませんね?

110番するのに電話を触りました。
警察の人は、処理をするのに一生懸命だけど、お仕事だから仕方ないけど、聞かなきゃいけないことだから仕方ないのはわかっていたけど、怖くて頭の整理が付いていないこと少し、理解して欲しかったって思ったように思います。

私の指紋も取られ、部屋中銀粉を付けて行く。
たたみ、フローリングの足跡の痕跡を探して行く。
その姿を、まざまざとただ立ちすくんで見ている自分を客観的な目で見ている自分がいる。

玄関の脇の小窓を割って、そこから入りわざわざ玄関の鍵を開けて逃げ場を確保していたんでしょうね。
でも、多分帰宅されたあなたの気配を感じて、反対側の居間のサッシから出て行ったと思われます。
サッシの外には塀がある、その高い塀を乗り越えたってこと???

足の大きさ、サイズはかなり大きいですね。
間違いなく、男の人でしょう。

ある程度の捜査は終わりました。
何か無くなっているものとかはありませんか?

触ってないか、触られるとこまるから、電話だけで良かったってさっき言ったじゃない!と心の中で思った。

今は、まだ混乱してて・・・。
確認するには、少し時間がかかると思います。

では、わかり次第連絡して下さい。盗難届けを出しましょう。と名刺を渡された。

ものものしく後片付けをしていく警察の人達。
そして、では、と次々と部屋を出て行く姿。

女性の一人暮らしは大変危険です。十分注意して下さい。それから、壊された窓ガラスは早急に修理してもらった方が良いでしょう。今から、すぐにでも手配して下さい。
一旦、失礼しますが、また何かあったら連絡入れて下さい。

最後の警察の人の言葉だった・・・。

体の力が抜けて、へなへなとそこに座り込み、呆然と何処かを見つめたままどれぐらい時間がたっただろう・・・。

たまたま、隣の住人は同じ職場の同僚だった。
アフターを楽しんで帰宅してきたところに、異変に気付いてくれたのだろう。
私の玄関から割れてるガラスを見て、慌てて部屋へ飛び込んで来てくれた。

初めて我に返って、彼女にすがり付くようにわんわん泣いた。
小刻みに震える背中を優しく撫でてくれた彼女。

しばらく、私の家で過ごさない?
優しくそう言ってくれた彼女。
ゴメンね、ありがとう。そうさせて欲しい。

1週間経っても、自分の家に戻ることが出来なかった。
物音、陶器の割れる音、足音、敏感に反応し、夢で魘される。
眠れない。
冷や汗もびっしょりかいてしまう。

このまま、友達に迷惑をかけているわけにもいかない、そう思いありがとう、そろそろ帰るね。
大丈夫?
うん、多分大丈夫。
心配してくれてありがとう。一緒にいてくれてありがとう。

部屋に入ると鳥肌が立った。
引っ越そうか・・・。

電話が鳴った。
あ~○○さんですか?全然連絡が取れなかったので、職場に伺おうかと思っていたところでした。
警察からの電話だった。

無くなったものは、多分何もないと思います。
何かわかりましたか?

そうですか、それは良かった。(何が良かったのよ!被害がなければ良いってこと?と心の中で八つ当たりの思いがこみ上げてきていた。)
実はですね・・・最近、外国人の犯行と思われる女性の被害がたくさん報告されてましてね。
結局、制服姿なんです。
ナースとかスチュワーデスとかそう言う制服関係ね。
多分、あなたの制服姿を見て、後を付け不在の時間帯を狙って進入したのだと思われます。

何が目的なんですか?
それは、わかりません。まだ、つかまっていないので。
全力を挙げて捜査はしますが、多分難しいと思います。

事件に程遠い私は、わからないけどこんなもんなの?
多分見付からないって決めてしまう根拠は何なの?
傷害事件じゃないから?何も被害がなかったから?次にそんな思いする人がいるかも知れないのに終わりなの?
そうだよね・・・。もっと大変で、重い事件はたくさんあるもんね。
こんなちっちゃな事件にいつまでもかかわってられないよね。

泣きながら、部屋の片付けをしました。
震える手で、涙で見えない目で、必死に痕跡をなくすかの様に拭きまくって、磨きまくって、どうせ寝ても悪夢に魘されるだけだから、夜通しやった。

見えるものも怖い、けど見えないもの、わからないものももっと怖い。

今になっても、がちゃがちゃと言う玄関の鍵の音、ガラスや陶器の割れる音、警察の人のあの時の制服、全てが忘れさせてくれない恐怖を呼び起こす。

体がガタガタ震える。
怖い。

頭がおかしくなりそうになる。
私の中では、この事件はまだ終結していない。終わっていない。

誰か助けて・・・ここから救い出して・・・そう思う時もある。

人によっては、何もなくて良かったとこんなことがあったんだ~と話せる人もいるそうです。
でも、私の場合は敏感に反応してしまう気質があるみたいで・・・先生にそう言われました・・・。

これも、自分自身との闘いで乗り越えなければならない心的外傷性ストレスなんだ。
いつか、きっと乗り越えなきゃ!

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
スポンサーサイト
2008_06
30
(Mon)11:59

怒りについて

怒りの原因ってたくさんあって、その怒りを抑えられない時、凄く心臓がばくばくする時ってありますか?

誰にでも、怒りや腹立たしさって感情はあって、それは正常な感情です。

でも、きっとその怒りを冷静に受け止められたり、自分をコントロール出来る人はきっと上手に解消する手段を身に付けているのだと思います。

感情のコントロールの方法を知らないと、何に付け怒りとなって表現してしまうことも多いそうです。

ただ、堪えて、耐えて、溜め込んで・・・最終的には限界がきて爆発してしまうのでしょう。
そして、自分自身を責めて、嫌になって、人との距離を取ろうとしてしまうのかも知れません。

気に入らないことがあると、自分の思った通りにならないと、自分の言い分が通らないと、自分のことをわかってもらえないと、自分が中心でなく無視されているように感じる時と、自分自身が思うように行かない時と・・・たくさんの要因があるのだそうです。

ただ、全ての人がそうだと言うわけではなく、逆に怒りではなく、孤独感や自分を否定する様に、外に吐き出さず、内に込めるケースもあるそうです。

私は、どっちだろう・・・。

そんなの八つ当たりじゃん。
そんなの自己中じゃん。
そんなの自分勝手じゃん。
そんなの自分のせいじゃん。

確かにそう言う意見は正当だと思います。

でも、何らかの要因で極度に限界を超えたことによって病んでしまった人には、それは責めの言葉にしか聞こえないんです。
更なる、怒りのもととなってしまうと思います。

その分別がついて、感情のコントロールの方法を知っていたら、こんなに苦しまずに、回りに与える影響を安定した感情の中で、確認する事だってきっと出来ると思います。

決して、特別扱いして欲しいわけではなく、ただ、結局は自分への怒りなのだと言うことを受け止めれていない、コントロールの方法を知らないだけなんだと思います。

怒りと言う感情は、とても苦しいものだと思います。

どれだけまわりの人へ影響する感情かと思えば、きっとますます自己嫌悪、自己の否定に苛まれてしまうのではないでしょうか。

怒りと言う感情は、正常な感情です。
ただ、それをほんの少し間違った方法でしか表現出来ないだけなんだと思ったりします。

言われた方は、宛てられた方はかなり傷付きますけどね・・・^^;

昨今、キレる子と言う言葉が増えてきていますね。

きっと、コントロールする方法を学べなかった、どうしようもない感情を自分で処理する能力を発達させる事が出来なかったのでしょう。
そして、傷付いた相手の痛みもわからないのでしょう。
自分自身の痛みを感じることが出来ないからだと思います。

痛みを感じるためには、自分らしい心の感情を自分らしく表現し、受け止めてもらい、そして一人の人としてコントロールされることなく、尊重してもらう中で学べるものの様な気がします。

自己を守る為の唯一つの手段として、かかわらない様、反抗しない様、順応するための方法を学ばざるを得なかったのかも知れません。そして、唯一感情を怒りとしてしか表現することが出来なくなってしまったのかも知れません。

だからと言って、人を傷付けて良いと言うことにはなりません。

命は尊いものです。
同じ人はこの世にはいません。
あなたはあなたでしかありません。
スペアの様に変えることなんて出来ません。
だからこそ、かけがえのない命、個人、個性なんだと思います。
それと同じ様に、自分の命も同じだけ尊いのです。

苦しいからと言って、辛いからと言って、そう言うもののために失って良い人なんていないと思います。
失って良い命なんてないと思います。

自分自身の感情も心も大切にしてあげて欲しいと思います。
そして、私自身も少しずつ自分の心を感情を大切に受け止めることが出来る様になりたいと思っています。

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
2008_06
29
(Sun)10:29

責任の所在

ついつい、自分のせいだと思い込んでしまうことが多い。
こうしなければ、こうならなかった・・・。
そんな風に思ってしまうこと結構あります。

何か、物事がおこったときに○○のせいでこうなったと言う言葉を耳にすることもあります。

責任の所在を追及することってそんなに必要なことなんでしょうか。
それを追求して何が生まれるんでしょうか。

自分のせいにしてしまいがちなのは、自分に自信がないことも一つの理由ですが、他の人のせいになってしまう愚痴を聞かなくてすむから、ある意味楽なのかも知れないと最近思います。

誰のせい?
誰?
そんな言葉を聞くのがとっても嫌で仕方ありません。

人のせいにばかりしないで!仕方ないことじゃないの?誰だって失敗するじゃん!
そう叫びたくなります。

自分がそうされてきたからなのか、どうなのか今はまだわかりません。

でも、こんな考え間違っているでしょうか?
オカシイですか?

誰かのせいにすれば、確かに心は楽になるかも知れない。
誰かせいにすれば、おこったことを終わらせることも出来るかも知れない。

でも、おこった問題の本当の終わりは誰かのせいにしたところではなく、その先のどう対処するかどうか、そしてそこから生まれる結果で解決出来たときではないんでしょうか?

どんまい、どんまい。
そう言って、一緒に対処すれば良いことも多くあると思ったりするんですが・・・。

自分のせいにされた人は、本当の責任かどうか以前にきっと自分を責めてしまうと思います。
反論、理路整然と安定の中で自分の考えを言うことが出来る人なら安心ですが、みんな出来るとは限らないのではないでしょうか。

きっと、本当の失敗は自分自身それぞれが良くわかることで、やってしまった・・・と心の中で後悔し、修復をはかろうとすることもあると思います。

言葉に出来なくても、心の中で一人苦しみ、反省し、次からこうしようと思っているかも知れない。
言葉に出来る人もいるかも知れない。
でも、誰かのせいにすればそれで良いと言う状況の中で、犠牲になる人がいるのには耐えられないと思ってしまいます。

自分が楽になる為に、誰かのせいにする都合の良いことだけは、せめて私はしたくないと強く思っています。

だからと言って、全ての責任が自分にあると思い楽になろうとするのもいけないことだってことはわかっています。
一時の逃避であって、苦しいことを溜め込むだけでしかないのだとも気付いてきました。
これも、ある意味自分が楽だからと言う考えであるのだとも思います。

平等に、そして安定した感情の中でまわりの人達も自分も尊重していければ、きっと一番良いのかも知れないですね。

少しずつ、バランスのとれた心の安定を身に付けられるようになりたいって思います。
まだまだ、歪んでいる感情のバランスも取れるようになりたい、そう思います。

それでも、何かに気付きやろうとすることは、自分にとってまだまだ苦しいことばかりです…。

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
2008_06
28
(Sat)16:06

過去と自分

過去に起こったこと、過去のトラウマ、これは決して変えることも消すことも出来ない事実。

そんな過去を認めるために受け入れるために前向きに歩こうとしているけれど、やっぱり苦しく、辛いものです。

その為に過去と向き合うつもりでいるのに、非難したり、否定したりしてしまいがちな自分がいて、そんな時逆効果だと気付いたりします。

現実を見つけ、認めるためなのに・・・。

自分の現実に正直になりたい、そう思っているのに凄く難しい・・・。

どうしても言えない、言う勇気がないと言う事実は、自分にとって辛い過去を呼び起こすことへの恐怖と不安なのであり、それを言ってもいいのだと言うことをまだ安心感に変えることが出来ていないからだと思ったりします。
こんな経験をした私は・・・まだまだ心のどこかで恥じているんだと思う。

それが、私自身の過去を認めようとしているのを妨害している。実は自分自身なのだと思い知らされます。
他人からそうしなければならないなんてこと、決して言われてはいなかったはずだと思います。

感情に蓋をしてしまっていると、自分自身にだけでなくまわりの人達への影響を及ぼす恐ろしさもわかっているつもりです。

私は、状況を変えるために何をしただろう。
前向きに向き合おうとしていると思っているだけで、実際には踏み込めずにいるのではないだろうか。
じゃあ、状況を変えるために何ができるだろうか。

罪悪感にどう対処するべきなのか、もう1度自分自身を見つめる必要があるのかも知れません。
自分のイメージや自分自身の恐れや恐怖、不安の感情を本当の意味で理解し、表現する力を付けられる様にしていくことが、きっと大事なことなんだと思います。

いつか、きっと乗り越えられるように、自分自身を大切に出来るように、大切に想ってくれている人達がいると言う、大切な事実を見落とさないように・・・。

そう・・・、自分だけが苦しいわけではないと言うことを、病んでいるから特別ではないと言うこと、どんな人にも、苦しみや悲しみ、辛さ、恐怖は存在していて、ただそれがある一定の度合いを極度に超えてしまっているだけだと言うこと。

でも、もう少し時間もらってもいいですか?
私なりに、試行錯誤しながら闘って行こうと気持ちは、確実に芽生えて来ているのは本当なんです。

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
2008_06
27
(Fri)16:55

今日の体調××デス。

ん~(>_<)
今朝は、起きてからずーっと頭が痛くて、そのせいでかなりキツイしだるい・・・。

今日は、午前中少し休もう!って思ってたのに、ぷるぷる携帯が鳴って^^;
出ようと思ったら切れてしまって、今度は家電。

くぅ~こんな時に限って用事が出来るなんて(悲)

必死に支度を済ませ、お昼は食べなくてもいいかななんて思ったけど、ダメだ!と思い少し早めに食べる事にして・・・。

出かけるまでの時間、少しだけ余裕があったから横になろうと思って、ふっと気付いたら、
ヤバイ!出かける予定時間の5分前(>_<)

慌てて出かけて、相変わらず頭が痛いし、くらくらするし、おまけに今日に限って何だか気温も高いと来てる@@;

そして、何だかんだでこんな時間になっちゃいました。

あ~嫌だ!
今日はそんな感じです。
この頭痛だけは何とかして欲しい(>_<)
鎮痛剤は、メンタルクリニックでもらっていたんだけど、今日に限って在庫なし・・・。

来週の診察日にもらおうと思ってたとこだった。

う~、何やってもダメな時ってありますね~(悲)

明日は、どうか気分良く過ごせます様に・・・☆

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
2008_06
26
(Thu)12:47

自分を大切に。

こんなコラムがありました。

自分を愛していますか?
。。。自分を愛せなかったら人を愛せないことを思い出して下さい。

自分を肯定し受け入れていますか?
。。。自分を優しく受け入れることが人を温かく受け止めるための前提になります。

自分自身の感情のあり方が、人のものの感じ方に影響します。
自分には全ての感情を感じる権利があります。
でもそれは、人にそのまま押し付ける権利はありません。

そうであるなら、自分の感情のバランスがひどく崩れない様に、自分でケアすることが大切です。

自分が疲れていたら、休む権利があります。
お腹がすいていたら、食べ物を食べる権利があります。
適度な運動をして身体を健康に保つ権利があります。
ストレスがあったら、リラックスする権利があります。
嫌なことにはNOと言う権利があります。
気が沈んだり、イライラしたら、思い切り楽しいことをする権利があります。
自分の考えを、健全な方法で主張する権利があります。
自分の生き方、自分の個性を大切にする権利があります。
人の目をむやみに気にしない権利があります。
助けが必要なときには、それを求める権利があります。
有害な人間関係から離れる権利があります。
安全な場所を見つけて、そこに身を寄せる権利があります。

一人の人間として、情緒的にも、精神的にも、身体的にも成長していく必要があり、その為の時間を用意して下さい。

もし、自分に問題が起こっているときには、先に自分の安定をはかる必要があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうかも知れないですね・・・。
でも、頭では理解出来ても、出来ないってこといっぱいあるから迷い込んでしまいます。
難しい・・・。一歩進んで五歩下がるぅ~(>_<)

でも、自分のために何かしようと思った時、何か一つでもいいからしてあげることはきっと出来るのかもしれないって思ったりもします。

出来た!やった!と言う思いが次へのステップに繋がるんでしょうね・・・きっと。

今日は、証明写真を撮ってきました^^;
ファンデを確認して、シャドーの色の組み合わせを考える自分。
アイライナーも・・・ん?・・・O.K。
マスカラののりも良かったので、ちょっと嬉しい。
ビューラーも良い感じで、綺麗にいけた♪

朝起きた時の髪の毛の具合も、今日に限ってまとまってる☆

あれ~?ママいつもと違うね。
それが普通だったのに、何だかこの頃はそう言われると恥ずかしい・・・。
ママ、頑張ってた時のママになってるね!
(見た目だけなんだけどねぇ~^^;)
あれ?ママ今何歳だっけ???

そう、私はちょっぴり童顔なのでしたぁ~^^

出来上がりが、少し楽しみな様で、恥ずかしい様で・・・。

少しずつ、焦らずに色んなこと思い出しながらチャレンジしてみようかなって今日は思えています。

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
2008_06
25
(Wed)13:18

今思うこと。

私と妹が小学生だった時のある冬にのこと、凄く記憶に深く残っていることがあります。

父の転勤のため、新しく住むことになったところは冬には雪が多く降るところでした。
私が小4妹が小1の冬、その日は凄い積雪だった。
子供の足の膝下まで積もっていたと思います。

朝、学校へ行く時は降り始め、母に『ひどくなる様なら、妹をちゃんと連れて帰ってくるのよ』
多分そう言われたと思う。

学校が終わり見ると物凄く降り積もっていたと子供には少し怖かったと感じたと記憶している。
どうやってどうしたのかは、何故か記憶がない。

でも、はっきり覚えているのは、幼い妹の手を引き、必死に家まで歯を食いしばって歩いていたこと。
子供の足で30分は余裕でかかる距離だったと思う。

妹は、『冷たいよ、怖いよ、嫌だよ』そう言いながら帰る道々私の手を握り泣き続けていた。
ずーっと、ずーっと泣きじゃくっていた。
仕方ない、小1だもん。

『頑張ろうね、もうすぐお家に着くからね、お姉ちゃんが付いてるよ、手を離しちゃダメだよ』
私は、そう妹に言い続けていた。

私だって、怖かった、不安だった。
私の方が泣きたかった。私の方が誰かに励まされたかった。
何としても、家にたとりつかなきゃ・・・そう強く思うと心臓がドキドキした。

家が見えてきた。
つないだ手は冷たくて赤くなってしまっていた。

家のドアを開けると、母が出てきた。
妹は、母の姿を見るなりつないでいた私の手を離し、母へ駆け寄り抱きついてわんわん泣いていた。

私は、呆然としていた。
家に無事着いた安心感なのか…心の中は空っぽだった。
本当は、私が抱きついて泣きたかったのに。
良く頑張って連れて帰って来てくれたわね。辛かったでしょう。頑張ったわね。
そう言って欲しかったんだ。

そこへ、家のドアが開き『ただいま』父が昼を食べにたまたま帰ってきた。
私は迷わず父に抱きつきわんわん泣いた。大声を出してわんわん泣いた。
父はわからないなりに私の頭を大きな手で撫でてくれた。
温かかった、父の大きな体、大きな手・・・。

きっと、父は何のことだったかわかっていたかどうかは、今となってはもうわからない。
そして、母は私の思いには気付いていない。
今でも、その記憶が強く残っていることさえ、思いもしていないと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分の抱えているたくさんの問題を見過ごしてきたことによって、今苦しく辛い思いが何倍にもなって私を襲ってきている。
でも、それは自分を大切にしなさいと言うメッセージなのだと言うこと。誉めてもらえる価値もあると言うこと。認めてもらえる価値があること。
難しいなりに、頭に残る言葉をたくさん知りました。

そして、このブログでたくさんの人達に励まされている私は、もっと幸せなのだと思います。
時には、こんな考え方あるよ。
時には、無理しないでね。
時には、自分を大切にね。
時には、体に気を付けてね。
時には、応援しているよ。
時には、一緒に乗り越えようね。
時には、その気持ち良くわかるよ。
時には・・・。
たくさんのたくさんの言葉達、たくさんの思い・・・。

たくさんの言葉をかけてもらえてる私は、少しずつ進めて行けてるのだと一進一退しながらも・・・。
そう思います。

彼に、そろそろ仕事初めてみようと思うんだけど。と言ってみた。

ん?そんなに急がなくてもいいんじゃないか?

でも、出来ること、一緒に何かをすることが出来ることがあるんじゃないかって思うし・・・。

逃げていない?一人でいる時間耐えられない?
忙しい時間の中で見なくて済むものたくさんあるからね。
でも、今はそんな時もあるんだと、大切にしていい時期なんじゃないか。
がむしゃらに頑張ってきたんだから。

確かに、そうかも知れないと思う。

最後の仕事は、責任も権限も与えられ、会社の利益のこともたくさん考えなきゃいけなかった。
トラブルの責任も、部下の悩みや相談も。
○○さんがいなきゃ、ここ終わりですよ~。
やりがいの中に、自己破壊も進んで来ていたと言うことも今だからわかる。

今、たくさんの癒される言葉達をたくさんの人がかけてくれる。
こんなに、言ってもらっていいのかなって思うぐらいに。

今のこの時期、この時間、大切にして行こうって今思えている自分に少し戸惑いもあるけれど・・・。

彼を含め、たくさんの人達のお陰であると、とても感謝しています。
また、落ちる時も、立てなくなる事もあるかも知れないけれど、ゆっくり歩いて行きたいと思います。

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
2008_06
24
(Tue)13:26

正しいと言うこと

行動が完璧であれば批判される理由がないだろうと言う考えが、ある意味完璧主義だと言う。

でも、何をやっても満足に出来ないと言うことを知るんだそうです。
その結果、自分に好感情を持てる様に、また苦痛の原因を取り除く為に奮闘し努力し続けながら人に秀でる様、何としても常に自分を駆り立てるのだそうです。

でも、それは自分の為、自己満足の為なんだそうです。

確かに、子供の頃認めてもらいたくて、拒絶、ダメだと言われることへの恐怖を軽減する為に、きちんと正しく物事をすることの必要があると思っていたと思います。
間違いがあってはならないと。。。思っていたのかも知れません。

前向きに目標を持って努力する様に言われ教わってきたと言うことも覚えています。

正しいことの基準てなんでしょう。

結局は、その正しいこととは状況を見極めながらの自分自身で作り出すものではないかと思ったりします。
自分が基準なのだとしたら、自分が生み出す基準なのだとしたらきっといつまでたってもこれで良いと言うことに辿り付くことなんて不可能なのかも知れません。

人との比較、そしてそれと比べ自分が劣っているとか出来ていないとか。。。
その結果、ますます自分への価値の低下を加速させてしまうのではないでしょうか。

自分が外からされた比較と言うものを、無意識に自分自身の中で続けていたと言うことなのではないでしょうか。

自分の基準の判断の為に、決して自分の努力が満足出来、十分なものであると感じることは出来なくなってしまっていることも十分にあるそうです。

十分とはどの程度のものなのかと言う、内面的な感覚を育てて行くことが大切なのだそうです。

その思いが、どんどん溜まってしまって情緒的に追い詰められて、耐える気力がなくなってしまった時、人は防衛策を取る様になってしまうそうです。

時にそれは、怒りと言う形を無意識に取ってしまうことも・・・。

自分は自分で良いのですね。
基準なんて時には必要ないことなのですね。

認められたいが故にそうしてきたことの結果だったのなのなら、まず自分で自分を認めてあげれることが出来れば、きっと頑張った自分に堂々とご褒美をあげれる様になるんでしょうね。

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
2008_06
23
(Mon)13:22

自分のために何が出来る?

自分のために何が出来る?
その質問に、すぐ私は答えることが出来ない。。。

自分のために何が出来るか、安定の中でじっくり考えることが苦手です。
不真面目な様に見えるかも知れないけど、真面目な答えなんです。

いつも、妹の面倒を見てきました。
そう母に言われて育ってきました。当たり前だって言い続けられてきたから。。。
遊びに行く時も、学校の帰りもいつでもどこでも、どんな時も。
デパートで好奇心旺盛な妹の面倒を見るのはとっても嫌でした。
手をいつも握って離さないようにしてはいたのだけど、結局は私も幼い子供。

何度、館内放送をしたことかわからない。
そして、その度に怒られ、また怒られる!とビクビクしていたものです。

きっと、その時に世話してもらうことよりも妹の世話にかかりきりになる様に自分を訓練してきたのだと今だから思います。

自分の時間、エネルギー、共感を与えること。

人に尽くすことは悪いことじゃないけど、自分の幸福を犠牲にした人への貢献とは自己破壊そのものです。

そんなこと言われても・・・。
一生懸命やってきたのに、そうやって生きてきたのに。

人生を思うままに歩いてきているように見えるけれど、人との距離の遠さを感じることは変わらない。
凄く寂しい思いを抱えている。
人と対等の関係を生む方法を知らないが故に、いつも人に与える側になり、受け取る立場に身を置くことを控えてしまう。

●強み●
思いやりがある。
共感的。
聞き上手。
人に対して繊細。
気前がいい。
愛想がいい。
温かい。

●弱み●
受け取ることが出来ない。
自分のことに専念できない。
罪悪感。
怒りに対する恐れが強い。
不適切な行動に対する耐性が高い。

そして、アルコールや嗜好品への依存度が高いとされている。
その依存によって、自己主張をし、自分勝手になるののを助けてくれるからだと言う。

わがままと言う言葉を理解することが大切なのだと言う。
確かに、自分の要求を優先させることと、わがままであることの区別がわからないかも知れない。
自分のことを優先しようとした時、罪悪感を感じてしまうところもあるかも知れない。

そんな人達にメッセージがあるんだと言うことで、書いてみました。
これは、偏ったものを変えて行くためのメッセージだそうです。

他人の面倒を見る必要はありません。
他人への受け答え方に、幾通りかの選択肢を持っています。
自分の要求は大切なものです。
自分には感情があります。自分は脅えている。自分は怒っている。
自分の幸せを第一に考えて良いのです。
問題の中には、自分がいなくても上手く処理出来るものがあります。
自分がやりたくない時は、誰か他の人が困っている人を援助します。
他の人が気分を悪くしているにしても、それは自分のせいではありません。

もし、疑問を持つのなら人のためにしてきたことを箇条書きにして読んでみて下さい。
きっと、疲れてしまうであろうと言うことが答えだそうです。

そこに自分自身に与えるエネルギーがあるでしょうか・・。
答えはどこにも残っていないと言うことを知るのだそうです。

世話焼きの行動が本当に必要でしたか?
誉められた時、話題を変えてませんか?
プレゼントをもらった時、当惑したり、ぎこちなくなっていませんか?また、その時間を楽しめますか?

自分にはありがとうを言われる価値があります。
自分は誉められることを楽しめます。

人からしてもらうことに慣れていいんです。
そこに罪悪感を感じる必要はないんです。

苦しんでいる人達はたくさんいると思います。
こんな風に問われた時、否定せずに素直に考えてみるのも良いかも知れませんね。。。

私も、この言葉をかみ締めて探求してみたいと思います。
勿論、疲れ過ぎない様に、苦しくなりすぎない様に。

一緒に乗り越えて行きたいですね☆

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
2008_06
22
(Sun)17:46

自己分析

あるコラムを見てちょっと今日は考えてみました(#^.^#)

自分自身を見て良い意味で自信があって他人からの誉め言葉も素直に受け入れることが出来るか。

自分の考え、態度、行動、言葉に責任を持ってコントロール出来るのは自分自身だけであると言うことをわきまえているか、相手に圧力をかけて強引に変えようとせず自分の失敗を人のせいにしたりしがちではないか。

自分と他人に優しさを与えることが出来るかどうか、他人を責めたり、批判したりせず、いつも相手の立場に立って物事を考えることが出来るかどうか。

自分を大切にし、自分のケアが出来るかどうか、自分の身体と心を健康に保つための努力をしているかどうか。

むやみに人に振り回されることなく自分の立場をわきまえ自分のやりたいことがはっきりしていて目標を持っているかどうか。

他人からの批評に対し攻撃的になることなく、聞く耳をもちよりよい自分の成長の糧にすることが出来るかどうか。

他人の意見を尊重しつつ、適当な自己主張が出来るかどうか、たとえ自分との意見と違っていたにしても一つの意見として受け止め、自分の意見を健全に表現することが出来、相手の言うことを出来るだけ理解しようとすることが出来るかどうか。

いつもゆったりと構え、安定感と静けさを持ちせかせかと無駄に動き廻ることなく、一人の時間を見出しリラックスする方法を知っているかどうか。

自分の感情を押さえ込まず、正直に認め、自分と他人に害を与えない方法で表現出来るかどうか、そしてそれは自分自身の感情から出るメッセージに気付き、自分を知る機会にすることが出来る。

何かを決断するときに、色々な情報を取り入れ、ゆっくり考えることが出来るかどうか。それは、じっくり考えた決断は、他人の目や失敗を恐れることなく、自分の信念に基づいて実行することができると言うこと。

忍耐強く、逆境にもまけずに、失敗からも学んで行くことが出来るかどうか。それは、いかなる逆境の中にあっても、じっくりとチャンスを待つことが出来ると言うこと。

他人の感情は、あくまでも他人のものであり、その区別をすることが出来るかどうか。そしてそれは自分と他人との境界線を尊重出来ると言うことである。

自分と他人に対して正直であるかどうか。自分の気持ちや思いに嘘を付いて自分を演じているといつか無理が出てきてしまいどうしようもなくなってしまうからである。

お”-難しい^^;
意味は良くわかるんですが・・・。

自分に足りないところいっぱいあるのを、更に確認したって感じです。
そして、良く思ったり考えたりすることもチラホラ出てきていて。。。

たまに、こうやって何かに触れるって良いことですね!
色んなことのきっかけになりそうです^^

ほんとかな~(苦笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話は変わって・・・(え”~変わっちゃうんだ^^;)
難しいことはちょっと置いといて・・・(笑)

私は、辛いものが大・大・大好き♪なんです^^
でも、癖あって和からし、わさびが苦手なんです^^;

七味唐辛子とタバスコがお気に入りです♪
Myタバスコとかあるんですね~

ラーメンも坦坦麺とか辛味噌とか好きですし、パスタにもかけちゃいます!
カレーも辛いのが大好きで、自宅では私しか無理なので食べる直前に自分でスパイス入れちゃいます。
ピザも辛くしちゃいますしぃ~
お蕎麦にも七味は必須!

お医者さんには、かなり危険と言われています^^;

でも、好きなものは辞められないのであまり頻繁にしないように調整しています(#^.^#)

これも一つの嗜好依存かも知れませんね^^;

今日は、少し調子も上がってきています。
心配して下さった方々には、本当に感謝しています☆

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
2008_06
21
(Sat)14:59

今日はごめんなさい

今日は、少し低い位置にいる感じです。

やっぱり、自分が次の日どう思うのか、どういう状態になるのかって予測が付かない。
昨日は、確かに明日はみんなで過ごす時間のこと考えていたはずなのに・・・。

何でだかとっても悲しい日。
何でだか・・・なんて言っているけど本当は理由わかっているんだ。
でも、それを口にしたら彼も苦しく悲しくなると思って堪えていたら悲しくなってしまった。

どうしたの?
何したの?

本当は、きっとその理由を彼にぶつけてしまえば良かったのかもしれない。
でもね、彼のせいではないから。

どうしようもない事実は泣いても、喚いても変わらないから私が納得するしかないのに、納得するまでにどうしても人の倍の時間がかかってエネルギーを使ってしまう。。。

そんな自分に、やっぱり嫌気がさす。

そして、彼はきっとそんな私を見ていて心配になると思う。

悲しくて、悲しくて仕方ない時ありませんか?
どうしようもない悲しみに襲われることありませんか?

寝室の布団にもぐって泣いてしまいました。

こんな空気の家にいて欲しくない、彼のためにそう思った。

今日は、実家行く日じゃなかったっけ?

そうだけど。。。平気か?いいよ、俺いるよ。
彼は側にいてくれようとする。

いい、甘やかさないでと心で思った。

私は大丈夫だから、行って来て(笑顔)

一人は嫌なのに、一人になろう。
彼が側にいたら、きっと一日中泣いているかもしんないから。

一人で、納得しよう。
仕方のない事なんだから。

彼が留守の間の時間がきっとチャンネルを切り替える私にとっても良いきっかけになるはずだから。

今日は、ごめんなさい。
めちゃくちゃな心の状態で・・・ほんと情け無い(>_<)

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
2008_06
21
(Sat)08:54

本当のことが言えない

言えば楽になるだろうってこともわかっているはずなのに、本当のことがどうしても言えない。
そうやって苦しんでいる人は、きっとたくさんいるのではないだろうか・・・。

病んでしまったことを恥じてしまい、そうなってしまった自分を恥じてしまい、そしてその原因まで恥じてしまっているから、隠す他に方法がないと言うことなのかも知れない。

隠し続けることで、何とか価値のある自分で居続けることが出来ると感じてしまうのかも知れない。
でも、それはきっと長くは続かない。
その重荷に耐え切れなくなった時、苦しみと直面しどうしようもなくなっている自分に気付かされてしまうのではないだろうか。

隠す為に、人との関係を自ら遠ざけたりすることもあるかも知れない。
でも、それは逆に恥ていることを隠し続けてきた自分が壊れる恐怖から来るものなのかも知れない。
そんな自分が壊れる時、全ての苦痛と向き合わなければならないと言う恐怖が待っていると潜在的に感じているのかも知れない。

だから、見えないところでそんな自分自身を嫌い、痛め付けているかも知れない。

体にとって良いことは、バランスの取れた食事、十分な睡眠、感情の自由、楽しむこと・・・たくさんあることはきっと良くわかっているのだと思う。

誰にだって気分の優れない時や、食欲のない時や、眠れない時だってある。
それは、何らかの要因がバランスを崩している時で、
でも、病んでいる人達はそれが日常だったりする。

私も最近食欲がなくて、あまり食べられない。
頭ではわかっているのに、このままだと体の機能が衰えてしまうこともわかっているのに食欲がない。
でも、これは自分の体だと言うことを良い事に、自分の体だからと言う事を前提に自分いじめをしているのかも知れないと思う。

食欲のない原因を理由にして。

そこまでしてどうするんだろう・・・。

そんなにも、こんな自分が嫌いなのかも知れない。
そこまでしてしまうほど、自分が嫌いで嫌で嫌で仕方ないのかも知れない。

そこまで、そんな自分を恥じているのかも知れない。

わからないことばかりだけど、少しずつ向き合って行きたい。

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
2008_06
20
(Fri)11:48

ありがとう

このブログにいつも来て下さっている方に・・・。

いつも見守って下さる方に・・・。

陰ながら応援して下さっている方に・・・。

少しでも共感出来ると言って下さる方に・・・。

どんな時でも温かい心遣いをして下さる方に・・・。

私の言葉に耳を傾けて下さる方に・・・。

そうではないと言葉をかけて下さる方に・・・。

アドバイスして下さる方に・・・。

コメントを入れて思いを伝えて下さる方に・・・。

励まし、勇気を下さる方に・・・。

書き始めたら本当にきりがない・・・。

色んな形があって、お礼を伝えることが出来ないこともあって時々こうしてありがとうを伝えたいって思っています。

まだまだ書ききれないけれど、ここへ来て読んで何かを感じてもらえると言うことはとても嬉しいと思っています。

本当にありがとうございます。
みなさまの温かいたくさんの気持ち、有り難く受け取らせて頂いています。

もし、良かったらこれからも遊びに来て下さい!

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
2008_06
20
(Fri)00:46

無意識な行動から生まれてしまったもの。

色んな環境で育ち、色んな痛みやトラウマを誰もが抱えているのはきっと少なくないと思う。

そんな中で、成長し自分に対する自己評価が低くなってしまった時、他人に自分の本当の価値を知られるのがとっても怖くて、そして恥ずかしいと感じてしまうことがあったりするのではないだろうか。

例えば、自分が中心でないことに寂しくなったり、自分でも良くわからない怒りが込み上げてきたり。

上下関係はまた別にしても、対等な関係、親しい間柄においては堅苦しく、違和感のあるものとして感じられ、その関係から逃げてしまうことも気付いたらあるかも知れない。

自分のことをしてこなかったことで、一人になった時どうして良いかわからない。
何をしていいのかわからない・・・退屈を感じてしまう。
その寂しさや退屈を埋める為に、色んな依存によってその穴を埋めようとしてしまうことが気付いたらあるかも知れない。

紛れている間は、満足で退屈でもなく、空っぽの心も感じない。
でも、それは決して自分自身を取り戻したのではなく、一時的なものでしかないことをどこかで感じるから、また何かへ依存してしまう・・・の繰り返し。

でも、これは無意識に自分を守る為に身に付けた手段であって、そうしなければならない状況があったと言うことであって、好き好んで自らそうした訳ではない。
そうしないと、生きていけないぐらいに苦しいことの中でやっと見つけた唯一の方法だったのだと思う。

コントロールされ、支配され続けてくるとそれまでの生活や習慣にしがみ付き、それがいかに良くない事であったとしても変えようとすることは出来ない。
それが、もし他人からの力によるものであれば、極度に拒否したり拒絶したりしてしまう。
それがどんなに良いことであり、抜け出すきっかけであったにしても。

自分を支配されるかも知れない、コントロールされるかも知れないと言う恐怖を感じてしまうから。

決して、甘ったれるなとかしっかりすればやっていけるはずだとか決め付けないで欲しいと思っています。
それだけで片付けられない問題がたくさんあると言うことを伝えたい。
無意識に身を守る方法を必死で探してきた人達は、間違っているとか間違っていないとかではなくただ、ひたすら自分の居場所を求め、探し続け、ようやく見つけた方法だったと言うこと。

自分を認めて欲しい、受け止めて欲しい、理解して欲しいと言う思いはあって、でも身に付けた方法は確かに適切ではなかったと言う結果が、寂しい思いを抱えての生き辛さになってしまったと言うこと。

わからないことがわからないことであることも、どうしたらいいのかと言うこともわからずに、心の底から苦しんでいると言うことも本当の気持ちなのだと思う。

それを変えようとすることは、適切な方法を進もうとすることはとても苦しく、とても難しく、とても辛いことであり、その中で痛みと苦しみと絶望と卑下してしまう自分と闘っている。

決して自分で望んだことではないと言うこと、そうしなければ生きていけない自分がいたと言うこと。

上手く言葉に出来なくてゴメンナサイ。
そして、これが全てではないほんの一部のことであると言うこと。
それは、それぞれ抱えているものはそれぞれ違うものだから。

もし、これを読んで気分を害した人がいたらゴメンナサイ。
でも、こんな思いを抱えて生き辛さの中で必死に生きている人は必ずいると思います。

未来が明るい幸せなものであります様に…。
そして、それは自分自身で乗り越えて行くものに違いはないけれど、もし力を貸してくれる人が側にいたのなら、勇気を出してその手をつかんで欲しいと思っています。

幸せになる権利は全ての人に平等であると私は思っています。

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
2008_06
19
(Thu)11:57

薬の副作用???

今日は、ちょっとお出かけの用事があって準備をして、さぁ~出かけるゾ~!そんな感じで背伸びをしたとたん、クラッ~。

居間での出来事で、彼の座る座椅子に倒れ込んだと思ったら、あれって背もたれのとこ支えがないと反対側に倒れるじゃないですか^^;

更に勢い付いてラックに倒れこんでしまって。。。

普通、倒れるって瞬間手で柱とか何か近くにあればそこに手を掛けて体を支えるじゃないですか。
私、その瞬間手も出ず頭からラックに・・・(>_<)

座椅子は反対にひっくり返るわ、ラックはずれてその上に乗っているものが反対側におちるわで最悪でした(>_<)

何だろう。。。

倒れるって意識もあって、ぶつかる瞬間もわかっているのにそのまま体の自由が利かないと言うか頭ではどこかに手を出して体を支えようとしたはずなのにそのまま行ってしまいました@@;

脳震盪とかで気絶する瞬間に似ているかもしんない。

お陰様で怪我とかそんなのは全然なんですけど、・・・ショック・・・でした。

薬のせいなのかなぁ・・・。
最近、ふらふらしたり、クラッとしたりする^^;

今度の通院日に先生に聞いてみようっと。

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
2008_06
18
(Wed)20:50

自分の気持ち、自分以外の人の気持ち

自分の気持ちすらわからなこともあるけれど、人の気持ちはとっても気になったりする。

自分の気持ち・・・自分の気持ちってどこにあるんだろう。。。

自分の気持ちがわからないから、自分の気持ちに自信もない。

でも、人の気持ちは一生懸命考える。
今、どう思っているんだろう・・。
どう感じただろう・・。
気を悪くしたんじゃないだろうか・・。
怒ったかもしれない・・。

勝手に考えて不安になって、勝手に落ち込んだりして・・・。

自分の気持ちを基準に人の気持ちはきっと量れないのだと思う。
自分がこう思うからと言って人もそう思うとは限らない。
良くも悪くもきっとそうなんだと私は思う。

それぞれの考え方があり、物の見方もあるのだからよくよく考えると納得出来るような気がする。
だから確かめたい、だから聞いてみたい、だから確認したいと思うのだと思う。

でも、どうしてきっとこう思っているんだろうなって思ってしまうことがあるんだろう。
そんな時はきっと、自分に自信がなくて、そんな自分基準に考えた結果なのかも知れない。

どんな時も、自分は自分、人は人なんだと言うこと。
勝手に思い込んで苦しむことはとっても悲しいこと。

そして、誰の感情や思いも自分の思う通りにコントロールしてはいけないと私は思う。
知らず知らず、つい考えを押し付けてしまうこともあると思う。

でもそれは、それぞれが、それぞれらしく思い、考え、行動することを支配してしまうことになってしまうと思うから、その人らしく生きて行くことの障害を知らず知らず増やしてしまうことになると私は思う。

だから、せめて自分の気持ちには責任を持ちたいと思う。
自分の気持ちを大切に出来れば、きっと人の気持ちも大切に出来ると思うから。
自分の気持ちを粗末に扱われれば、きっと人の気持ちも粗末に扱ってしまうような気がする。

大切にしてもらえないのに、人の気持ちを大切になんて出来ないと私は思う。
私は大丈夫、私は平気・・・。
そんなはずは決してないのではないだろうか。
誰もがわかって欲しい、理解して欲しいと願っているはずだと思うから。
大切にしてもらえるから、気持ちを尊重してもらえるからこそ優しくもなれ、人の気持ちも大切に思えるんだと私は思う。

自分に誠実に、自分に嘘を付かずに歩いて行くことはとても難しいことだけど、きっとそれはとっても大切で、人との関係において真実を知ることが出来る目を持つことが出来るようになる気がする。

私自身が支配され続けてきた中で、なかなか気付くことの出来なかったことだけど、だからこそそうなのではないかと、私なりに感じたことを書いてみました。

どうなんだろう。。。

心なんてなければいいのにと思う時も正直あるけれど、心があるからこそ人の温かさを感じることが出来るんですよね・・・。

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
2008_06
17
(Tue)17:06

トラウマと向き合うこと

トラウマの現実を受け入れられた時、きっと心は安定してくれるんだと思う。
支配されたまま、起伏も激しく泣いたり、落ち込んだり、痛みを感じたりすることも少なくなるのだと思う。

いつかトラウマの痛みを自分への労わりで自由に思い返すことが出来たらいいなって思います。

過去のトラウマは変えられない。
変えられないのならどうしたらいい?
思うのは”変えられないものは受け入れるしかない”ってことなんだってこと。

突然、涙が流れることがあって自分でも何故なのかわからない。
戸惑う。
不安に思う。
理由がわからない。

わからないのではなくて、まだ順序を追って受け入れられていないからだと思う。
思い出せないことは、思い出したくないこと。
記憶がないのは、自己防衛によるものだと言うこと。
支配から逃れたいと思う防御が、反対に自分を支配したまま苦しめていると言うこと。

こんなことがいつ起こるかと思いながらの不安の中で、普段の生活に支障をきたさない訳がない。

いつか乗り越えたい、こんな苦しいのはもうたくさん・・・。
逃れられないのなら、受けて立つ!

なぁ~んてカッコイイこと言えたらいいのに(>_<)

怖くて怖くて仕方ないんです。。。
自分に起こった過去を振り返り、そこに戻り、その時の感情に溺れてしまうのが・・・。
平静ではいれない自分が怖いんです。。。
そこに戻ったら耐えられない、もう二度と味わいたくないんです。。。

そうやって自分を孤独へ真っ暗な中へ自ら追いやるようなことしてしまう。
一人ぼっちのような気になって・・・。

こんなこと何回繰り返せば気が済むんだろう・・・。
逆に悲しくなる。

本当に難しい、難しいよ・・・。

でも、負けたくないと今は思っているから、いつかきっとそこから抜け出そうと思う。

そして、それは決して自分一人の力ではないってこと、たくさんの人の力を借りて出来たと言うこと。
その時私は、かかわってくれた全ての人に、心から感謝の気持ちを伝えたい。

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
2008_06
17
(Tue)12:34

受診してきました。

今日は、良いお天気(#^.^#)

通院日だったので、病院に行ってきました。
色々聞きたいこともあったから、先生に質問しました。

ん~、やっぱり否定はしてくれませんでした(>_<)

お薬が増えました。
増えたと言っても、まずは頓服で飲んでいたお薬が1日3回に増量です^^;

自律神経もはちゃめちゃみたいです。
決して暑くもないのに、お布団かけて丁度良いのに頭だけ凄く汗をかいてしまうんです^^;
毎日、枕を干さなきゃなんないし、洗濯も・・・です(>_<)

転寝していてもそう。

風が気持ちいいなぁ~お薬の作用もあってどうしようもない時横になるんですけど、その時も全く一緒なんです。

頭だけびっしょりになっちゃうんです。

でも、今日調整してもらったので、様子を見てみます♪
あまり多くを言わない先生なんです(苦笑)
でも、とっても温かい先生です。

いきなり、あなたはこうです!と強い薬を出されて車で来ているって言ったのに、今すぐ帰りに飲んで下さいと言われて、ふらふらになり事故るかと思ったと言う病院の先生もいましたが・・・。
即効病院変えましたね。

今、良いのかどうかはまだわかりませんが、決して急がない焦らない先生で状態を見てくれます。
そして、少しずつ調節して少しずつ変化を確かめてくれます。

鬱の薬は減ることも、なくなることもありませんが(苦笑)

帰りに何だか明るくなって買い物をしてきました☆
子供の好きなダブルソフトと彼の好きなお菓子^^

もっともっとと思ったけど、帰ってからヒドイといけないと思いそのまま帰ってきました。

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
2008_06
16
(Mon)23:28

明日は通院日

あ”~いよいよ明日は通院日(>_<)

くぅ~聞こうと思うこといっぱいあったはずなのにドキドキする。

最近、頭の中がくらくらして目を閉じると気持ち悪くなる~吐き気がする~
何だろう・・・二日酔いの具合の悪さに似てるかな^^;

ぐるぐるするし、ふらふらする~、目が回る~

うん!明日は頑張って行ってくる!

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓

2008_06
16
(Mon)16:54

大切にしたいこと

何だかだるい・・・。
優れない気分。
頭が重い・・・。

ずぅ~んと何かが圧し掛かっているみたい。

朝、起きてコーヒーを飲んだ。
あっ、薬飲まなきゃ・・・。

彼の出勤時間が近づく。

ネクタイを締めて、スーツの上着を羽織る。
私に近づき、ほっぺに手を当てて『行ってくるよ(笑顔)』

本当は、元気に行ってらっしゃい!気をつけてね!そう言って送り出したいしそうしなければいけないのに、一生懸命の笑顔で『行ってらっしゃい』

彼は気付いている。ごめんなさい。また落ち込む・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

彼と出逢った時、私には好きな人がいた。
何だかんだと出掛けたりしていたけど、彼はその好きな人の親友だった。

ある時、何かのきっかけで彼に会った。親友だと紹介された。
凄く明るい笑顔の人だと思った。
名刺をもらった。
ふっと見ると名刺の裏に携帯の番号とアドレスが手書きで書いてあった・・・???

私はその時、既に病気を抱え好きな人でさえも付き合うつもりは全くなかった。
誰とも付き合う気が全くなかった。

これ以上苦しくなりたくなかったし、支配されたくなかったし、きっと辛いだけだと思ってたから。

でも、何でだろう・・・この携帯番号本物なのかなって思ってかけてみた。
元気な声。
本当だったんだ、何で書いてくれたのか知りたかったからだけど、反面どうでも良かった。

それから、彼は毎日私の前に姿を現すようになった。
今何処にいると思う?出て来なよ。
もう、夜遅いし車出すの面倒。本当に面倒クサかった。

マンションの下。

慌てて窓から下を見ると携帯を持った彼が手を上げている。
何してるの?
馬鹿じゃない?
何の用?

私ってヒドイよね。でも、それだけ人ってものに無理を感じていたの。

手紙も来た。
切手貼っていない手紙、切手の貼っている手紙。
本当の郵便屋さんの時と彼が郵便屋さんの時の違い・・・。

わからなくなってきた。
頭が混乱してきた。
苦しい。
辛い。
煩わしい。
ほっといて。
何なのいったい!

居留守も使った。

それでも彼はマイペース。
ビクともしない。
何も変わらない。
全然こたえない。
変わらない笑顔。

私は、思い切って自分の過去を話することにした。
これで、彼は私から去ってくれるだろうって思ったから。
そして、今の自分のことも打ち明けた。
もう二度と近寄ろうなんて思わないと思ったから。
そんな面倒なこと、好んでする人なんているはずないと思っていたから。

彼は、ニッコリ笑ってそれで?
君は君でしょ?どんなことあったって変わらないじゃない。
それがどうしたの?

そこから、私は変わったのだと思う。
どんどん引き込まれて行く力に逆らえない自分に気付いた。
近づけば近づくほど苦しいのに、また頭が変になりそうになる。
どうしていいかわからない。

好きな人がいたのに、その人と彼は私のせいで付き合いがなくなった。
私のせいで。

それでも、彼はそれで良いと言う。
君を支えたいんだと言ってくれた。
何故?
一緒に乗り越えよう。
彼は、最初から何もかもわかってたんだとその時気付いた。
凄く恥ずかしかった。
今までの自分のしてきたことを凄く恥じた。
そして、何てことをしてきたんだろうと後悔した。
一揆に落ちた。

出来ない、出来ない。
ここから先へ踏み出すなんて出来ない。
本当に苦しかった。息が出来ないぐらい苦しかった。
消えていなくなりたかった。

でも、それとは反対にこんな風に自分を思い支えてくれる人はきっともう現れないだろうと思った。
この人の手を離したらもう二度と・・・とも思った。

俺から逃げようって思ったって無理だよ。何処まででも追いかけて探し出すから(笑)
君は、俺と一緒にいる運命なんだよ。
そろそろ、受け入れたら?(笑)

むかつく!むかつく!本当にむかつく!

もう1度、人を愛せるかも知れない。
やり直せるかも知れない。
この人となら乗り越えられるかも知れない。

私はそうやって、彼に救ってもらったんだと心から思う。
そうでなければ、今の私はいない。間違いなく・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、元気にお帰りなさいって言おう。
いつも、温かく見守ってくれている彼にいつも帰ってきてくれる彼に、感謝の気持ちを込めて。

どうしようもなくなった時、いつも思い出すようにしている。
あの時の大切な瞬間を。
間違いなくそう思った自分を。

だって、本当のありがとうがまだ彼に言えていないんだもん。

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
2008_06
15
(Sun)12:20

嬉しかった

勇気を出して聞いてみた。
私にとっては崖から飛び降りるぐらい勇気がいること。
心臓が口から飛び出るぐらいに、バクバクすること。

あのね。。。
あのねから続かない、あのねから時間がかかる…。

でも、聞いてみようと思ったから、ちょっとだけ勇気を下さい!

こんな自分で自身がない、こんな自分でゴメンナサイ。

私ウザイ?

ウザくないよ。

私迷惑?

迷惑じゃないよ。

私うっとおしい?

うっとおしくなんかないよ。

色んなものかかえてる私を見ていて頭おかしくなるぐらい嫌になるでしょ?

ならないよ。

あ~もう面倒クサイって放り出したくなるでしょ?

ならいよ。

そのうち彼は笑顔になって私の顔を覗き込み次の質問は?って顔をして覗き込む。

私がこんな思いで必死に聞いて口に出してるのに!

生まれ変わっても私を探し出す?

おー、絶対に探し出すよ(笑顔)心配すんな。絶対見つけるから。

嬉しかった。凄く嬉しかった。
声にならないぐらい喉の奥が痛くなった。

普通に聞けることが私には聞けない。
普通は聞かないことが聞きたくなる。
それが、私の抱えている病気。

これ以上ないってぐらいの勇気が必要だったのに、聞いてもいいんだって思えた。

じゃあ、また同じこと気軽に聞けるかって言うときっと聞けない。
だから、しばらくは彼の言葉を大切にしていたいって思う。

いつも、自分に自身がなくていつも苦しくて、いつも支配されている恐怖でどうにかなりそうな自分を知っているから、明日はどんなにヒドイ自分になってるかって不安で不安で仕方ない。

今日の自分に対して言ってくれた言葉なんだとしか受け止められない。
明日の自分には自身がない。

だから、前向きに色んなこと克服出来るように自分を信じることが出来るように、乗り越えられるようになりたいって思う。

辛くても向き合うことが、今自分に出来るたったひとつのありがとうだから。

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
2008_06
14
(Sat)17:18

失うことへの不安

失うことの怖さを誰よりも強く感じる。
失うことの恐怖を誰よりも強く知っている。

大切な人であればあるほど、その思いはますます強くなる。
本当は、ずっと側にいて欲しいのに。
その人のために出来ること、してあげたいこと山ほどあるのに出来ない自分に無力さを感じ、辛い思いに向き合うことがとても辛くて苦しくなる。

時に、思いと反対のことをしてしまう。

そんな思いに耐えられなくなって、離れることを選択してしまう。
側にいるより、楽になれるから。
そんな思いを感じなくてすむから。

でも、淋しくなる。とっても淋しくなる。
そして、思い直す。
頑張るから。
でも、やっぱり近くにいればいるほど、辛くなる。苦しくなる。

その繰り返し。

大切な人にそんな思いを感じれば感じるほど、ますます辛く苦しくなること、無力な自分に気付かされること、そしてその葛藤の末、一人でいることへの選択をする他方法がなくなる。

人の気持ちを変えるのは、人の気持ちを溶かすのは人の気持ち以外に方法はないと思う。

もし、そういうことで苦しんでいる人が側にいたのなら、
『無理しなくていいんだよ、側にいてくれるだけで幸せなんだよ、そのままの君でいいんだよ、安心していいんだよ、そのままの君に価値があるんだよ』
何度も、何度も言い続けてあげて下さい。
出来ないことより、出来たことをいっぱい誉めてあげて下さい。

不安で不安で仕方ない思い、いつかこんな自分に愛想を付かして離れていってしまうのではないかと言う不安、少しでもそこが安心出来る自分の居場所だと感じることが出来たなら、今よりは少し素直に側にいて欲しいと言う気持ちを伝えることが出来るようになるかも知れない。

大切だと思って一緒に乗り越えてあげたいと思ってくれる気持ちが本物なら、
きっと、その思いはいつか必ず伝わると思うから、明日はどう気持ちが変わるかなんて自分自身予測は付かないけれど、自分にとってかけがえのない自分を理解してくれている大切な人だと認めることだけは出来るようになると思うから。

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
2008_06
14
(Sat)14:27

カフェイン中毒?!

私はとにかくコーヒーが大好き。

いつからだろう・・・多分、飲めるようになってからずーっとだと思う。
好みはあるけど。。。ブラックはちょっと苦手かな^^;
お子ちゃまみたいだけど、少し甘い方が好き。

レストランに入って飲み物を選んで下さいって言われても迷わずコーヒーを頼んじゃう。
時々、カルピスもいいかもってぐらいで、とにかくコーヒーがいい。

何処かへ出かけた時も、あ~コーヒー飲みたい…ってカフェを探したりコンビニに寄っちゃう。

あまり気にしたことないけど、これはまさにカフェイン中毒だ(>_<)

朝起きてのコーヒーは欠かせない。
凄く落ち着く。
多分、記憶の中では飲まなかったことってない・・・^^;
私にとっての鎮痛作用になっているのかもしんない。。。

凄く落ち着くってことは、嫌な気分になるのを避けれるってことの様な気がする。
落ち付かない感情をコーヒーが落ち着かせてくれるのを存在的に感じていたのかも知れない。

美味しくて好きだからって思っていたけど・・・。

自分の中の何かを和らげるために、何かから逃れたいために気分を落ち着かせてくれる、和らげてくれる何かが、私にとってコーヒーなのかも知れない・・・。

カフェイン依存症、カフェイン中毒・・・言葉にちょっとドキっとするけど、体に害がない程度ならO.Kですよね(*^^)v
だって~やめられないもん(苦笑)

最近、少し牛乳を入れるようにしていま~す♪

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
2008_06
14
(Sat)13:44

通院日に聞きたいこと

どっかで聞いたことある。

PTSDによって鬱になってしまう場合と、もともと鬱の傾向があってPTSDをきっかけにひどくなってしまう場合と・・・それによって治療は違ってくるらしい。

私の場合はどうやら、いろんなことが入り混じっているので複雑みたい^^;

来週、通院日になっているから、思い切って先生に聞いてみようかなって思っています。

どっちにしろ、幾つも抱えているから一緒かな。。なんて思ったりもしたけど、
しっかり聞いて自分で、きちっと認識しようかなって思います。

そんなことを思ったら、ちとドキドキ(@_@;)

どっちが先なんだろう、どっちがどっちの背中を押してるんだろう。。。
ACに気付いてからは、ますますわかんないことばっかだし。

そんなこと聞いてどぉ~すんのって言う意見もあるかもしんないけど、何かのきっかけになったらなってことと、自分をしっかり認識するってことで、あえて聞いてみようと思う。

今までは、薬が増える、薬が減る、こんな風な作用の薬とかこういうのを増やして様子みましょうとか、症状の話とか色んなこと聞いてもらったりとかで、そんなこと考えてみもしなかったし。

ちょっと、緊張するけど聞いてみようって思います。
やっぱり、そう思ってはみたものの何て言われるかなって思ったらドキドキする・・・^^;

ちょっと前向き?!(笑)

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
2008_06
13
(Fri)11:16

責任

責任について考えることがあります。

それは、こうなったのは○○のせいだ、とか○○がこうしなければこうならなかったとか・・・。
責任の所在をわざわざ探して責めてみたり、責任転嫁したり。

そこに物凄い嫌悪感を感じる。

そんなこと言ってる間に対策とかどうしたら良いかとか考えた方がずっと良いんじゃないかって思うけど・・・。

仕方ないことだって、どうしようもないことだってあるはずだし、これって間違ってはいけないと言われているみたいだし・・・。

人は間違うことだってある。
些細なことから、とてつもない大きな問題に発展するものまでたくさんある。

間違ってもいいんだってことを間違うものなんだってことを否定されたら、きっとみんなそれぞれ自分を責めて、そこから立ち直れなくて、ダメな人間なんだとか自分は失格とか、どんどん苦しい方へ自分を追いやってしまう気がする。

責任の所在を追及したり、誰かの責任だと声を出してしまえば、楽になる。
楽になる分、苦しむ人が出てきてしまう。

それが、もし自分だったら?
自分がそういう目にあったとしたら?

自分自身に責任を取れるように、自分自身の感情に責任が取れるように、自分自身の発する言葉に責任が取れるように、それがどれだけの人に与える影響や力があることを忘れないように、

きっと、その中には生き生きとした自分自身の成長の過程となる学ぶべきものがあることに気付けるきっかけがあるんじゃないかって思う。

難しい、やっぱり難しい・・・。

ただ、誰が悪いとか誰のせいだとかそんなのが嫌で、もし自分がそうされたらきっと追い詰められて、そうでなくても自分自身で追い詰めてしまうたくさんのことがあるのに、きっと二度と立ち直れなくなってしまうんじゃないかってとてつもない恐怖があるから、そう言うのは嫌だと言うことだけははっきりしている。

何だか、葛藤しながらもがいてるだけなのかも知んない・・・。
また、凹みそう(>_<)

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓

2008_06
13
(Fri)01:29

ショック

良くあることなんだけど、良く眠れなくて時々変な時間に急に眠くなったり、だるくて仕方なくなったりする。
それは、薬のせいなのか良くわからないけど。

今日、久しぶりにテレビを見たいと思って楽しみにしていた。
好きなコーヒーも入れて用意もバッチリ♪

でも・・・気付いたら1時過ぎていた(>_<)
携帯に入ったメールにも気付かなかった(悲)
テレビは勝手に何か知らない番組が喋っていて・・・。
コーヒーも冷めていて。

凄くショック・・・。最悪・・・。

薬の飲み間違いかとも思ったけど、間違ってない・・・。

もう、ヤダ・・・。
何でこんなんなんだろう(>_<)

どういう経緯でこうなったかも全く覚えてない・・・。
え~ん、せっかく楽しみにしてたのにぃ~。
ガッカリ。

ガッカリし過ぎて妙にショックで気分もブルー。凹んじゃいました・・・(>_<)

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
2008_06
12
(Thu)12:12

過去と向き合うこと。

色んなトラウマも色んな犠牲もあったけれど、今は通り過ぎてきたこと。
そう言う事実に苦しんでいる自分がいるだけで、今その状況の犠牲になってるわけじゃないんですよね・・・。

どんなことがあったにせよ、私は今日まで生きてきました。
どんな思いをしたにせよ、生きてきました。
今日までどんなに苦しくても生きてきました。

だから、今それがどんなに辛いものだったか、どんなに苦しいことだったかそして今もこうやって苦しんでいると言うことを、まわりの人にその事実を認めてもらうことが出来るんだと思います。

そして、それは仕方のなかったこと、避けて通れなかったことだと言う事を知ることが出来る。

自分自身に正直になることが出来る。
そして、これ以上自分自身を裏切らないために、起こったことの事実を認めて行こうと思う。

自分の望む生き方に邪魔になっているのは本当で、だとしたらやっぱりそれに向き合う責任が私にはあるのだと思う。

これから、自分の正直な心で自分らしく生きていくために必要なのは、苦しめているもの、支配しているもの全てから、開放されることなんだと思う。

そのために、少しずつ過去の痛み、失ったもの、苦しみ、悲しみ、怒りそういった支配しているものが今の自分にどんな影響を与えているのか、あえて考えて行きたいと思う。

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
2008_06
11
(Wed)13:45

耐えられない時間

忙しかった毎日。
自分のことをゆっくり見つめなおす時間がなかった毎日。

そして、気が付いたらこんなになってた私。

気付けたこといっぱいあった。
これからは、ゆっくり乗り越えられるように向き合って行きたい。

思いは間違いないのに…。

ゆっくり流れる時間はとても贅沢なのに・・・。

ふっと思うとそんな時間に耐えられない自分がいる。
自分の本当の気持ちと長い時間一緒にいることに耐えられない。

とっても大切で、とっても必要なことだってことわかっているのに。

忙しい方がいい、忙しくないと不安になる。
まだまだ、向き合えない自分を感じる。

無意識にそして意図的に見なくて済む方へ自分自身と向き合わなくて済む方へ向かおうとする自分。

一人でいると、時々からっぽな自分がいる。
だから、何かに専念しているときは自分の価値を感じることが出来る。

心の痛みから気をそらして、偽りのほんの一時の価値に専念してしまう自分。

慣れてないの。
どう時間を使っていいのかわからないの。
だから、耐えられないの。

だから、何だかんだと理由を付けて正当化しようとしてしまうの。

これからだよね。
今、逃げてしまったらまた振り出しに戻ってしまうね、きっと。

どう使おう。
どう自分と向き合っていこう・・・。

まずは、一人で自分と向き合うことに、その時間と向き合うことにあえて挑戦してみなくちゃ!

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
2008_06
10
(Tue)10:55

母の怒り

私が子供の頃は、父の仕事がとっても忙しくて家にいる事が少なかった。
出張だったり、単身赴任したり・・・。
それでも、引越しは多くて小学校も中学校も高校もそれぞれ転校してきた。
かなりなストレスだったけど、それでも父はその他に単身赴任をしたりしていた。

だから、母はいっつも怒っていたし、いっつも不機嫌だった。
話かけると怒られるとも思ったりしていた。

母は、私達子供に弱みを見せないように頑張っていたのだと今なら思える。
だから、いっつもそんなんだったんだと今なら想像できる。

きっと、父がいない不安や淋しさ、苦痛を聞いてもらえる、理解してもらえる場所がなくて追い詰められた毎日だったんだと思う。
そして、それをコントロールする方法も余裕もなかったんだろうって思う。

イライラして、今にも爆発しそうな感じだった母の口から、あなた達の為なのよ。と言われても
母の都合を押し付けているだけのことだってことは見抜けていた。

これ以上、私に心配かけないで、イライラさせないで、手間取らせないで。
そんな余裕なんて、これっぽちもないんだから、あなた達は言われた通りしていればそれでいいのよ。忙しくてあなた達の面倒見ている時間も余裕もないのよ、そう言われているようだった。

辛い気持ちや、葛藤を母自身解決できずにあっと言う間の毎日で、
父がいないことによって、相談して決めることができずにどう対処していいのかわからない毎日で、
でも、そう言う責任を母は持たざる得なかったから、怒りで私達に悟られないよう隠すように
なったんじゃないかって・・・。

そして、怒りで私達を威圧しコントロールしたかったのだと思う。
そうすることで、父に認めてもらい安心したかったのだと思う。

だから、あの頃の私達の気持ちや思いは理解できていないと思う。
自分自身がこう言う思いを抱えて辛かった思いや、こんなにも頑張ってきたんだと言う達成感、その中で必死に私達を守ってきたと言う自己満足はあっても。

今更、もういいって思っている。
ただ、今までみたいに母の思いを優先していたら、きっと私は乗り越えられない。
それではいけなかったことを認めて学べなかったこと、受け止めてもらえなかったことを自分自身で受け入れなければ、またきっと前に進めない。

母を好きになれなかったけど、心から信頼することは出来なかったけど乗り越えるために、受け入れることが出来るようになるために、母を恨んで楽になるよりも、辛くても私は母を理解して行こうと思う。

見えない歪んだ思いが生む連鎖を何よりも恐ろしいと気付くことが出来たから。

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
2008_06
09
(Mon)19:16

感謝の気持ち

暗いところに落ちていた、今日は何も手に付かない、何も出来ない、悪い事ばかり考えていた。
まるで、一人ぼっち、まるで孤独、まるでこれで人生終わりの様な顔して・・・。

お昼前、玄関の鍵ががちゃがちゃ。
ドキッとする。
ばくばくする。
誰!?誰!?怖い、助けて!と一瞬凍りつく。

おー!

主人だ。

あれ!?どーしたの!?

顔を見てほっとする。一瞬血の気が引いてくらっとした安心感の瞬間。

昼食いに帰ってきたよ(笑顔)

私の顔を見てニッコリ。
無理してないか?

ぐーっと熱くなる心。

会社の人に大げさにお前の事言ったらさ、せっかくの昼だし家も近いし嫁さんと一緒に昼食ったらどうだって言ってもらちゃってさー(笑)帰ってきたよ。

さっきまで、食欲なかったのに慌てて自分の分を用意した。
彼は持っていったお弁当。
冷たい麦茶をいれて。

これから、○○のお得意さんのとこまで行かなきゃならないからあんまりゆっくり出来ないけどな。
高速遣って片道1時間かかるしな~

それなのに、帰ってきてくれたんだー(感動)

先食べててね。

慌てて用意して座ると、あれ!?食べてない???

せっかくだから一緒に食うか(笑)

え~ん、ごめんなさい(>_<)

私の顔を覗き込み・・・
せっかくの時間なんだから、のんびり過ごせよ。今までがむしゃらに走ってきたんだ。

でも・・・。

いーんだ、俺も自身はないけれど大丈夫、お前はお前らしく穏やかに過ごせる様に見ててやるから。

泣きそー。
泣きそー。

ごめんなさい。
自分の事を粗末に扱おうとしていた私。
一人ぼっちの気がしてた私。

明日は、またどう気持ちが変わるか私自身にさえ予測は付かないけど、
少なくとも、今日素直にありがとうって思った。

前向きに乗り越えて行くからね、そう思えた時間だった。

こんなにも、言葉に出来ない思いが今日はとびっきりの幸せを私にくれた。

忘れたくない、忘れたくない。

きっと、乗り越えるから!!確かに今日私は強くそう心に思った。

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。