--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008_10
26
(Sun)07:05

戸惑い

私は、幼い頃から独立心を見につけざるを得なかった家族の中にいた・・・。
妹がいて、家族のために父は不在がちで父の分まで踏ん張っていた母は、
限界を超えていた。

それでも、イラつきながら必死に生きていた母。
泣きたくても、強くあらねばと思う気持ちが、私へのしかかる。

妹の世話、本来の心を通り越し、生きて行くことだけを見てきた母。
私の本当の気持ちを見る余裕なんてこれぽっちもない、気付かない母。

そして、それを一緒に幼い私に期待をし、私は怒られない様に、
機嫌を損ねない様に過ごしてきた。
そして、母には頼ってはいけないそう思い、何も言えず、ただひたすら
耐えてきた。

どれだけ、寂しかっただろうと思えば心が締め付けられる。
私を見ていても、私の心を見てくれていない母に、寂しさが心を離して行く。
諦めて行く。
無駄だと思ってしまう。

欲しいものを欲しいと言えない。
怪我をすれば、本当は一緒に病院へ行って欲しい寂しさが心にいっぱい
溢れ出ていても、泣きながら一人で病院へ行き、そして13針縫った膝の
傷口が開いてしまい、母に怒られる・・・。
勝手に絆創膏を貼って、黙ってただ完治まで時間がかかっただけの結果・・・。
でも、母は気付きもしないし、不信にも思わなかった。
一人で抱える寂しさに、ただただ耐えて頼ってはいけない・・・、
そんな思いだけが自分を奮い立たせていた・・・。

ばれなかったことにほっとし、もし一緒に行ってくれてればきっとこんなに
心は寒くなかったのにとも思う。
仕方がない、生活する、生きて行く忙しさの中で、母は必死で妹がいたから
手がいっぱいだったんだもん。

あーしなさい、こーしなさい、何でそうなの?どうしてなの?今忙しいから
後にして、今手が離せないのよ・・・。
その言葉一つ一つが母への想いを遠ざけて行くことにも、母は気付かない。
お姉ちゃんなんだから、しっかりしなさい。
ちゃんとやらなきゃダメじゃない。

心は、健全に育って行く道をそれてしまっていた。完全に。

そして、お小遣いを稼ぐのに新聞配達もした。
教科書もバイトで自分で買った。
参考書も買った。
教習所も自分で行った。

例えば、この参考書が欲しいと言えば怪訝な顔をする。
例えば、教科書・・・妹の分もあるからしんどそうな表情をする。
例えば、教習所でオーバーしたらその分の教習代がかかり、また?と
聞かれる。

だからかどうかわからないけど、教習所は一発でクリアー。
母に電話した、とっても喜んでいた。
でも、それは私が無事取れたことを喜んでいたのか、一発で済んだことを
喜んだのかわからない。

それも、何にも気付いていないのか、気付かない振りをしているのか
わからない。

一人でやって行くしかないんだ・・・。
そして、そこから離れた。

一人暮らしを始め社会人として行きて行くところまで踏ん張れた。

きっと、気付いていて見ない振りをするしか母には方法がなかったのでは
ないかと今では思う。
決して、凄く貧乏な訳ではなかったけど父が単身赴任すればそれだけ
お金がかかる。
妹が私立へ行けばお金がかかる。
一緒にいれば、これだけで済むものもきっと倍かかっていたんだと思う。
そのやりくりも苦しかったのかも知れない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

甘えることを知らずに今日まで来た・・・。
甘え方を知らずに今日まで来た・・・。

思いっきり甘えるっていいことなの?
甘え始めたら、きっと歯止めが利かない気がする・・・。

頼っていいの?
してもらうことに慣れていない私は、戸惑うだけ・・・。

ちょっとした幸せも、してもらうことも贅沢に思う心の中の貧困さに
悲しくなる・・・。

今まで自分へのご褒美は、自分で必死に働いたもので自分を
励ましてきた・・・。

遠慮とか、申し訳ないとか・・・思う自分が悲しくなる。
素直に喜ぶことが、頼れずにいた自分が作り上げた自分だと思えば
尚更悲しい。

それを全て包んでくれる優しさに触れた時、この幸せが消えてなくなる
不安ばかりが先に立つ。
悲しいね・・・。

少し、時間がかかるかも知れない。
でも、自分以外の人を信用して行く勇気を、そしてしてもらえる幸せを
心から感じ、幸せだと思える自分になりたいとそう思う。

今の私にとって、何よりもの贅沢であり、怖いぐらいの幸せだと涙が溢れる。
少しずつ、これからいっぱい甘えたい、心から甘えれる自分に素直になりたい。

ふっと、そんな戸惑いの自分の心の中の箱の鍵を恐る恐る開けてみた・・・。
そして、それが普通に許されることなのであれば、応えて行きたい。

でも、二度と同じ思いはしたくない・・・。
戸惑いながら、恐る恐る手を伸ばした手を包んでくれる手があるのであれば、
もう1度その手を握ってみようと思う・・・きっと凄く温かくて、優しくて心丸ごと
包んでくれると思えた時の幸せを感じたい自分がいるから・・・。

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

Re: 戸惑い

辛い幼少期から、社会人になるまで、ずっと過ごしてきたんですね。
ここで何でも吐き出してください。
お母さんも必死だったんでしょうね。
お父さんが単身赴任でいないから。
子供の事まで手が回らなかったんでしょう。

でも、みゆさん、寂しかったですね。
辛かったですよね。
いっぱい甘えていいんですよ。
大丈夫です。

2008/10/26 (Sun) 12:35 | 麻耶 #195Lvy4Y | URL | 編集 | 返信

Re: 戸惑い

一言ではすまされないですけれど、つらい幼少期、青年期を
お過ごしになってこられたのですね。
私も甘え下手ですね、でもみゆさんほど過酷な家庭環境ではなかったですけれど。
教科書代や参考初代も自分で支払われたとのこと、驚きました。
随分苦労なさったのですね。
13針縫った傷口が開いても怒られただけだったのですね。
辛いですよね。お気持ちお察しいたします。

甘えたり頼ったりはして良いと思いますよ。
ただ加減がちょっと必要なだけで。
でもその加減を知らずに育ったんですよね。でもきっと大丈夫。
みゆさんなら乗り越えていけますよ、きっと。

2008/10/26 (Sun) 17:52 | zqoo #mQop/nM. | URL | 編集 | 返信

Re: 麻耶さんへ

ありがとうございます。

凄く嬉しい、温かい言葉をありがとうございます。
麻耶さんの温かい気持ち心に届きました・・・。

これから、少しずつまた歩き始めてみたいと思っています。
麻耶さん、いつもありがとうございます。

2008/10/26 (Sun) 22:42 | みゆ #- | URL | 編集 | 返信

Re: zqooさんへ

きっと、普通に出来ることが難しかったりするんですよね・・・。
そして、これでいいのかっていっつも不安だったりする気持ちが自分にボーダーラインを作ってしまいます。

ありがとうございます。
また、新たな気持ちで乗り越えていける様、ゆっくり進んで行きたいと思っています。

いつも、ありがとうございます。

2008/10/26 (Sun) 22:46 | みゆ #- | URL | 編集 | 返信

Re: 戸惑い

ずっと我慢して過ごしてきたんですね。
寂しいし辛いですよね。よくわかります。
子どもにとって親の愛情は大切ですからね。
毎日のように指示や強制ばかりされると、
何するにしても親の顔色を覗ってしまいますよね。
自分に辛いことがあれば頼っていんですよ。

2008/10/26 (Sun) 23:08 | りゅう #- | URL | 編集 | 返信

Re: 戸惑い

みゆさんは本当に心の優しい人なんですね。
だから、いっぱい我慢をしてきたんですね。
甘えたくても甘えられない人生を送ってきたんですね。

でも、今からでも、素直に自分の気持ちを表現していって良いと思いますよ。
本当のみゆさんを理解してもらって、楽になれればいいな、って思います。
これから、少しづつ甘えていってください。
頑張るのも大事だけど、甘えるのも悪いことじゃないですよ。

2008/10/27 (Mon) 03:17 | kujiracchi #- | URL | 編集 | 返信

Re: りゅうさんへ

ありがとう・・・。

凄く嬉しいです^^
この壁を乗り越えるべく、これからも一生懸命ゆっくり進んでいけたらなって思っています。

りゅうさんも、あんまり無理に焦ったりしないで、ゆっくり行きましょうね☆

2008/10/27 (Mon) 21:20 | みゆ #- | URL | 編集 | 返信

Re: kujiracchiさんへ

温かい言葉をいっぱいありがとうございます。

心がぽっと温かくなりました^^
そうですよね・・・。

これから、少しずつ表現していける様にそこから始めたいと思います。
自分への開放に向かってこれからも、ゆっくり進んで行きたいって思います。

本当に、嬉しかったです。
ありがとうございます☆

2008/10/27 (Mon) 21:25 | みゆ #- | URL | 編集 | 返信

Re: 戸惑い

みゆしゃん
今晩は。風邪をこじらせてしまい中々伺えませんでした。
ごめんね(*´・ω・`)ショボリ-ヌ

辛いことがあって今の優しいあなたが存在してる。
誰よりも心の温かい人に成長できてる。
何事も無駄ではなかったんだよ。
(。-ω-)ヾ(・ω・。)ヨチヨチ
今度はあなたが優しく包まれる番です。(微笑)

風邪には気をつけてね。
凄く喉が痛いバンビです。えーーーーん。(涙)
またね。


2008/10/28 (Tue) 21:21 | ばんび #KrjhbhPI | URL | 編集 | 返信

Re: 戸惑い

なんだかね、自分のことを読んでいるみたいでちょっと切なくなったヨ。
環境も何もかも違うから全く同じじゃないんだろうけど、とても共感・・というか良くわかる気がする。
私もずっと、何かをねだるよりも諦める方がずっと楽で、欲しいモノでも欲しいって言えなかった。
子供の頃の夢が自立して自分のお金で生活すること!だったし(夢の無い子供だよね^^;)ずっと、いつでも「一人で生きていけるようにもっと強くならなきゃ」って思ってた。
高校とかも市の奨学金で通ってて、今だにその返済に追われてるし・・・

だからこそ今でも、頼ったり、ねだったりすることがとても難しくて、遠慮しちゃったり申し訳なく思っちゃう気持ちはとてもとても良くわかるんだけど、少しずつ、まぁ人並みくらいには出来るようになりたいよね。
幸せになるのが不安な気持ちも分かる。私もそうなんだ。
でも、これから少しずつリハビリ?していきながら、厚かましくなれとは言わないけど、自分が生きやすくなれればいいよね。
少しずつ少しずつだよね^^

私は今のみゆちゃんが大好きだよ。
大好きなヒトには幸せになってもらいたいから、ずっとずっと応援したいと思います。
・・・生意気なこと言ってるかな?

2008/10/29 (Wed) 00:18 | 倫 #- | URL | 編集 | 返信

Re: ばんびちゃんへ

ばんびちゃん、風邪大丈夫?心配だよー(>_<)

喉痛いの?!
温かくして温かい飲み物飲んで、ゆっくりしてね。
いっぱい寝るんだよ・・・。

しんどい時にまで、来てくれてありがとう・・・凄く嬉しかったよ☆
脱水起さない様に、水分補給忘れないでね・・・。

早く元気になります様に・・・大好きなばんびちゃんへ☆

2008/10/29 (Wed) 17:14 | みゆ #- | URL | 編集 | 返信

Re: 倫ちゃんへ

言葉になんないぐらい心に響いたよ~倫ちゃん・・・。ありがとね☆
倫ちゃんも、一生懸命の時期を越えて今があるんだよね。
生意気なんかじゃないよ、うん。全然そんなことない・・・。

きっとみんな同じだよね・・・。
今の幸せ大切にしなきゃね・・・。
自分を大切にしなきゃね・・・。

倫ちゃん、私も倫ちゃん大好きだよ・・・。
いっつも見守って、いっつも応援してるからね!
一人じゃないよ^^

一緒に、ゆっくりでいいから進んで行こうね(^-^)
本当に嬉しかった。。。ありがとう倫ちゃん・・・。

2008/10/29 (Wed) 17:26 | みゆ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。