--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009_03
05
(Thu)07:46

十字架をまた一つ

夕べは、眠れてなかった様です。

朝、コーヒーを入れるのに沸かしたお湯を止めるのに、広さも十分な台所への入口。
何故、なのにこんなところに躓くかな・・・┃┃¨━(σ-`д・´)━ ╋┓
足の小指を思いっきりぶつけ、これは捻挫まで行った・・・。

罰が当たったんですね(*´-д-)フゥ-3


私は、また十字架を背負いました。
でも、それは大切な十字架です。これからも、背負って行くことに忘れることの出来ないものだと思っています。

ありがとうそしてごめんなさい。

この言葉が私の気持ちの全てです。


400㌔・・・遠い様で近い距離。
たくさんの想いをくれた距離です。

昨日、一つの出会いを壊してしまいました。
たくさん想ってくれたこと、こんな私を想ってくれたこと、感謝の気持ちで溢れています。
私には、もったいないぐらい素敵な優しい人です。

でも、ダメだったんです。

私は、想ってくれる気持ちに応えることが出来ず、それでも想ってくれる気持ちと言葉に恐怖を抱く様になってしまった自分を、まだ克服出来てない自分のせいだと思っています。

受け取りかた次第なのかも知れないけれど、受け入れられない想いを一生懸命伝えてくれればくれるほど、どうしてわかってくれないのと言う心の潜在意識を生ませてしまったのは、私のせいです。
そう、させてしまったのは私のせいです。

そして、言葉の一つ一つは、とても私を想ってくれて、心配してくれて、大切にしてくれてた言葉だったのに、一旦傷となってしまった言葉に、全てが私のPTSDとなり積み重なって行きました。


本気でぶつかってくれてました。
私は、そうじゃない、きっと違うと自分に言い聞かせながら、本質を見極めようと頑張りました。
何かの歯車が合わないだけだと・・・。


私は一生懸命な毎日を過ごしてきました。

どんな時も・・・。
でも、心の何処かで私を疑った彼を責める資格などありません。
そうさせたのは、他でもない私なのですから・・・。

彼はきっと、しばらく前から薄々何かを感じていたと思います。
それでも、一生懸命に言葉を変え、優しい思いを降り注いでくれていました。

だからこそ、きっと今のままではお互いに壊れて潰れてしまうと思ったんです。

一生守るから、必ず幸せにするから、どんな時も・・・。
その言葉が忘れられません。

彼は、なのにこんな私に約束を守れなくてごめんねと終始自責の念にかられていました。
辛かったです。

私のせいなのに・・・・。
人生を狂わせ、彼を傷付け、最後にはこんな酷い結果となったことを、私はまた背負って生きて行くんです。

縁があれば、またいつかきっと神様が見ていてくれる。
さよならは彼は言わずに、いつかまたね・・・そう言ってくれました。

せめてもの優しさです。

今も苦しんでいるかと思えば・・・・でも、今の私にはそれを癒してあげることは出来ない情けない自分です。

携帯も電話もアドレスもそのままにしてるからね。
切って、怒って、怒鳴られて、責められてもおかしくないのに・・・。


本当に、幸せになって欲しいと思います。
幸せにならなきゃいけない人です。

こんなに温かい人を私は傷付けてしまいました。
私の受けた傷には比較にならないぐらい・・・。

幸せを命を、苦しい時期を支えてくれました。
私は、ほおっておいていいと言ったのに・・・。

今、こうして生きているのは彼のお陰です。

いつも、一生懸命だったことそれだけは、伝えたい。
伝わって欲しい・・・今、心からの願いです。

何処かで、私を見守ってくれてるであろう彼に、感謝の気持ちを添えて。


本当にごめんなさい。
こんな私に関わったばかりにと思います。


今日は、通院日です。
幸いお天気です。

自分のためにも、関わる人のためにも、良くならなければ自分自身で乗り越えなければ・・・。
尚一層のこと、強く思います。


縁があれば、いつかまた・・・。
きっと、神様は見ていてくれます。

あなたは、自分を責める必要はありません。
堂々と胸を張って顔を上げてこれからを歩いて行ける人です。

そこに幸せがあったなら、躊躇せず掴み取って欲しい。
人生のうちの寄り道であったと笑えるぐらいに、力強く生きて欲しい。

私は、陰ながらあなたを心から応援し、そして幸せを誰よりも願っている一人だから・・・。

心から、ありがとうと伝えたい・・・。
そしてごめんなさいと・・・。

優しさをいっぱいありがとう・・・。
応えることが出来なくてごめんなさい。

ぶつけた小指の捻挫が、じんじんと痛みます。
彼の心の痛みなのかも知れません。


人生捨てたもんじゃない、そう思い笑顔がまた彼に戻ってくることを切に願います。

ありがとう。


これからも、応援宜しくお願いします。
   ↓
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

みゆさんが悪い訳ではありません。
余裕がない時期だっただけに、歯車が噛み合わなかっただけです。
また違うタイミングで会えたなら、
今とは違う風に接することが出来るのではないでしょうか。
みゆさんにも彼さんにも気持ちがあるのであれば、
近い将来、会えると思います。
私も今の彼と2回別れているくらいですからw

みゆさんの憂鬱な気分が少しでも晴れますよう祈っております.+゚

2009/03/05 (Thu) 12:47 | 果緒 #MMIYU.WA | URL | 編集 | 返信

新しい一歩

決してみゆさんのせいではない、と思います。
すべての出会いには意味があって、無駄はないのだと思います。
だから、相手に感謝する気持ちは、きっと大事なことだと思います。
相手の幸せを願うことも。

私だってそう。
今の妻が一緒にいてくれなくても、きっと私は遠くから彼女の幸せを
祈ることでしょう。
そう、思える人に出会った。
それがみゆさんの財産だと思います。

気持ちを切り替えるのは時間がかかると思いますが、くれぐれも
ご無理のないようにしてください。
応援しています。

2009/03/05 (Thu) 14:06 | shunshuwa #- | URL | 編集 | 返信

Re: 果緒さんへ

果緒さん!(人'▽`)ありがとう☆ございます。゚(●'ω'o)゚。うるうる

そうですね!元気出さなきゃですねo(`・д・´)o ウン!!
一生懸命毎日を頑張れることが、今は大切なのかなと思います^^

縁があれば・・・ですね。
心が軽くなる様なコメント嬉しかったです☆

(人'▽`)ありがとう☆ございます(*・ω・)*_ _))ペコリン

2009/03/05 (Thu) 18:29 | みゆ #- | URL | 編集 | 返信

Re: shunshuwaさんへ    

ありがとうございます(*・ω・)*_ _))ペコリン

気持ち、十分伝わりました。
これからの毎日を一生懸命生きて行こうと思っています。

いつか癒えるその日が来ることを信じて、そう思っています。

2009/03/05 (Thu) 18:31 | みゆ #- | URL | 編集 | 返信

拝見させて頂きました。
あなたの気持ち、相手の方はものすごく分かってくれていると思います。

実を言うと私も先日秘めた思いを相手の女性に伝えました。
しかし、過去のトラウマからお付き合いする事はできないと返事をもらいました。
男性と付き合うのに抵抗があるとも教えてくれました。

付き合うというの一つの形かもしませんが、一緒に立ち向かう、遠くから見守ると決断するのもとても大きな事だと思います。

私は今でもその女性と食事に行ったりし、そばで見守ると決意しました。
みゆさんも大切な方も本当に強い方だと思います。

私もそっと応援させて頂きます。

2009/04/07 (Tue) 12:31 | 通りすがりの人 #yjwl.vYI | URL | 編集 | 返信

Re: 通りすがりさんへ

ありがとうございます(*・ω・)*_ _))ペコリン

> 付き合うというの一つの形かもしませんが、一緒に立ち向かう、遠くから見守ると決断するのもとても大きな事だと思います。
そうかも知れませんね。手段や形に囚われずに幸せを願うこともまた方法の一つかも知れないと思ったりします。

> 私は今でもその女性と食事に行ったりし、そばで見守ると決意しました。
素晴らしいと思います。そして、とても苦渋の決断だったとお察しいたします・・・。
どうしても、拒絶反応を起こしてしまう気持ちが自責の念に変わらない様に、尊重して差し上げた強さ、きっといつか伝わると思います。それこそ、厚い氷が何時か溶けて行く様に・・・。

> 私もそっと応援させて頂きます。
ありがとうございます・・・私もいつか幸せの先があることをお祈りしています。

2009/04/07 (Tue) 19:37 | みゆ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。