--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008_06
14
(Sat)17:18

失うことへの不安

失うことの怖さを誰よりも強く感じる。
失うことの恐怖を誰よりも強く知っている。

大切な人であればあるほど、その思いはますます強くなる。
本当は、ずっと側にいて欲しいのに。
その人のために出来ること、してあげたいこと山ほどあるのに出来ない自分に無力さを感じ、辛い思いに向き合うことがとても辛くて苦しくなる。

時に、思いと反対のことをしてしまう。

そんな思いに耐えられなくなって、離れることを選択してしまう。
側にいるより、楽になれるから。
そんな思いを感じなくてすむから。

でも、淋しくなる。とっても淋しくなる。
そして、思い直す。
頑張るから。
でも、やっぱり近くにいればいるほど、辛くなる。苦しくなる。

その繰り返し。

大切な人にそんな思いを感じれば感じるほど、ますます辛く苦しくなること、無力な自分に気付かされること、そしてその葛藤の末、一人でいることへの選択をする他方法がなくなる。

人の気持ちを変えるのは、人の気持ちを溶かすのは人の気持ち以外に方法はないと思う。

もし、そういうことで苦しんでいる人が側にいたのなら、
『無理しなくていいんだよ、側にいてくれるだけで幸せなんだよ、そのままの君でいいんだよ、安心していいんだよ、そのままの君に価値があるんだよ』
何度も、何度も言い続けてあげて下さい。
出来ないことより、出来たことをいっぱい誉めてあげて下さい。

不安で不安で仕方ない思い、いつかこんな自分に愛想を付かして離れていってしまうのではないかと言う不安、少しでもそこが安心出来る自分の居場所だと感じることが出来たなら、今よりは少し素直に側にいて欲しいと言う気持ちを伝えることが出来るようになるかも知れない。

大切だと思って一緒に乗り越えてあげたいと思ってくれる気持ちが本物なら、
きっと、その思いはいつか必ず伝わると思うから、明日はどう気持ちが変わるかなんて自分自身予測は付かないけれど、自分にとってかけがえのない自分を理解してくれている大切な人だと認めることだけは出来るようになると思うから。

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

ありがとう。。

僕はいっぱい彼女を傷つけたと思います。

たまたま一人で病院に行った彼女。

「終わったから帰る。」
「どやったん?ちゃんと結果教えてよ。ずっと一緒に通ってるんだから。」

「睡眠薬ちょっと増えただけ。」
「ちゃんと言えよ。心配してんのに!」

「私だって心配させたくないから・・。どんな気持ちで・・。」
「薬の事はちゃんと言って欲しい。飲みすぎたりするの心配だから。」

僕のこんな配慮のない対応が続いたのも今回の原因だと思います。。

心配しすぎていろいろ言ってしまいました・・・。

これだけじゃないんですけどね・・・。

薬も減り、回復してると勘違いしてた僕は知らない間にいっぱい傷つけていました。。

彼女は時間を置きたいと言ってきた時、「健康になれば、あなたにいっぱい答えてあげれるからと言っていました。」

僕は「会いたくないの?」「離れて平気なの?」なんで時間なんかおくのさ。」って・・・。

バカですよね・・。ふられて当然なんです。。
彼女の気持ちも察っせれないで・・。。

だから、せめて、彼女が回復するまでは、想っていたいんです。

その時違う人を選んでもいいんです。
あらためて振られてもいんです。

その時に今までごめんね。ありがとう。
さよならって言いたいです。

彼女の苦しみが今僕にようやく伝わってきています。
さとさんの「失うことへの不安」を読んで、あらためて気づかされました。。

さとさん、ありがとう。ながながとごめんね・・。

彼女への償いなんです。。

2008/06/14 (Sat) 18:00 | くま #- | URL | 編集 | 返信

No title

私は今、失うことが怖くなくなってきました

逆に失いたいこと、捨てたいことばかりです

失いたくないのはダンナの愛だけですね

あとは要りません

2008/06/14 (Sat) 18:26 | ひかり #rQS/HKwA | URL | 編集 | 返信

くまさんへ

そんなことないです・・・。ありがとう。

遅くはないと思います。気付いた時からまた出来る事始めれば良いと思います。
くまさんが後悔しないように、傷付けたこと今ならくまさんに癒してあげることきっと出来ると思います。
くまさんの彼女への想い大切にして下さい。
いつかきっと伝わりますように・・・。
普通の風邪みたいに治ったことがわからない、見えないけど一緒に乗り越えて行くことは出来ると思います。応援しています☆

2008/06/14 (Sat) 19:01 | さと #- | URL | 編集 | 返信

ひかりさんへ

私も捨てたいこと、忘れたいことがいっぱいあります。でも、逃れられない・・・。苦しいです。

2008/06/14 (Sat) 19:07 | さと #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。