--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008_06
30
(Mon)16:15

強盗

一人暮らしをしていたある日のことです。

いつもの様に仕事をあがって、マンションまで歩いて帰った。
その当時、勤め先と住まいは歩いて行き来出来るぐらいの距離でした。

かばんから鍵を出し、鍵を差込みドアを開けようとした瞬間、悪寒と寒気と恐怖が走った。
ドアの脇にある小窓のガラスが無造作に割られていたんです。

震える手で鍵を開けたら、鍵が回らない・・・。玄関のドアは開いていたんです。

恐る恐る、玄関を開けると、そこはもう言葉に出来ないぐらいの惨事でした。

何もかもめちゃくちゃで、足の踏み場もなく、電気も付いていた。

何がどうなっているのか、直に理解する事は私には出来なかった。

体がガタガタ震える、手が震える、手先も冷たい、めまいがする、どうしよう・・・。
頭の血の気が引いて行く…。

呆然と立ち尽くしてそのままどれぐらいたっただろう…。

はっと我に返って家の中へ恐る恐る入ってみた。
居間も、更にひどい惨事。
タンスは引き出され、衣服は放り出され、押入れもメチャクチャ。

一番驚いたのは、蛍光灯の電気を付けるために付いているヒモがたった今までここに誰かがいたと言っているかの様に、揺れていたこと。

どうしよう、どうしよう・・・。

とにかく、慌てて警察へ電話をかけた。
助けて下さい。大変なんです!誰かが家に家に押し入ったんです!
落ち着いてください。
そんな警察の方の言葉だけ覚えています。
あとは、何をどう喋ったのかは全く覚えていません。

たくさんの警察の人達が家にきました。
色んな制服を着ている人達が。

何処にも、何も触ってませんね?

110番するのに電話を触りました。
警察の人は、処理をするのに一生懸命だけど、お仕事だから仕方ないけど、聞かなきゃいけないことだから仕方ないのはわかっていたけど、怖くて頭の整理が付いていないこと少し、理解して欲しかったって思ったように思います。

私の指紋も取られ、部屋中銀粉を付けて行く。
たたみ、フローリングの足跡の痕跡を探して行く。
その姿を、まざまざとただ立ちすくんで見ている自分を客観的な目で見ている自分がいる。

玄関の脇の小窓を割って、そこから入りわざわざ玄関の鍵を開けて逃げ場を確保していたんでしょうね。
でも、多分帰宅されたあなたの気配を感じて、反対側の居間のサッシから出て行ったと思われます。
サッシの外には塀がある、その高い塀を乗り越えたってこと???

足の大きさ、サイズはかなり大きいですね。
間違いなく、男の人でしょう。

ある程度の捜査は終わりました。
何か無くなっているものとかはありませんか?

触ってないか、触られるとこまるから、電話だけで良かったってさっき言ったじゃない!と心の中で思った。

今は、まだ混乱してて・・・。
確認するには、少し時間がかかると思います。

では、わかり次第連絡して下さい。盗難届けを出しましょう。と名刺を渡された。

ものものしく後片付けをしていく警察の人達。
そして、では、と次々と部屋を出て行く姿。

女性の一人暮らしは大変危険です。十分注意して下さい。それから、壊された窓ガラスは早急に修理してもらった方が良いでしょう。今から、すぐにでも手配して下さい。
一旦、失礼しますが、また何かあったら連絡入れて下さい。

最後の警察の人の言葉だった・・・。

体の力が抜けて、へなへなとそこに座り込み、呆然と何処かを見つめたままどれぐらい時間がたっただろう・・・。

たまたま、隣の住人は同じ職場の同僚だった。
アフターを楽しんで帰宅してきたところに、異変に気付いてくれたのだろう。
私の玄関から割れてるガラスを見て、慌てて部屋へ飛び込んで来てくれた。

初めて我に返って、彼女にすがり付くようにわんわん泣いた。
小刻みに震える背中を優しく撫でてくれた彼女。

しばらく、私の家で過ごさない?
優しくそう言ってくれた彼女。
ゴメンね、ありがとう。そうさせて欲しい。

1週間経っても、自分の家に戻ることが出来なかった。
物音、陶器の割れる音、足音、敏感に反応し、夢で魘される。
眠れない。
冷や汗もびっしょりかいてしまう。

このまま、友達に迷惑をかけているわけにもいかない、そう思いありがとう、そろそろ帰るね。
大丈夫?
うん、多分大丈夫。
心配してくれてありがとう。一緒にいてくれてありがとう。

部屋に入ると鳥肌が立った。
引っ越そうか・・・。

電話が鳴った。
あ~○○さんですか?全然連絡が取れなかったので、職場に伺おうかと思っていたところでした。
警察からの電話だった。

無くなったものは、多分何もないと思います。
何かわかりましたか?

そうですか、それは良かった。(何が良かったのよ!被害がなければ良いってこと?と心の中で八つ当たりの思いがこみ上げてきていた。)
実はですね・・・最近、外国人の犯行と思われる女性の被害がたくさん報告されてましてね。
結局、制服姿なんです。
ナースとかスチュワーデスとかそう言う制服関係ね。
多分、あなたの制服姿を見て、後を付け不在の時間帯を狙って進入したのだと思われます。

何が目的なんですか?
それは、わかりません。まだ、つかまっていないので。
全力を挙げて捜査はしますが、多分難しいと思います。

事件に程遠い私は、わからないけどこんなもんなの?
多分見付からないって決めてしまう根拠は何なの?
傷害事件じゃないから?何も被害がなかったから?次にそんな思いする人がいるかも知れないのに終わりなの?
そうだよね・・・。もっと大変で、重い事件はたくさんあるもんね。
こんなちっちゃな事件にいつまでもかかわってられないよね。

泣きながら、部屋の片付けをしました。
震える手で、涙で見えない目で、必死に痕跡をなくすかの様に拭きまくって、磨きまくって、どうせ寝ても悪夢に魘されるだけだから、夜通しやった。

見えるものも怖い、けど見えないもの、わからないものももっと怖い。

今になっても、がちゃがちゃと言う玄関の鍵の音、ガラスや陶器の割れる音、警察の人のあの時の制服、全てが忘れさせてくれない恐怖を呼び起こす。

体がガタガタ震える。
怖い。

頭がおかしくなりそうになる。
私の中では、この事件はまだ終結していない。終わっていない。

誰か助けて・・・ここから救い出して・・・そう思う時もある。

人によっては、何もなくて良かったとこんなことがあったんだ~と話せる人もいるそうです。
でも、私の場合は敏感に反応してしまう気質があるみたいで・・・先生にそう言われました・・・。

これも、自分自身との闘いで乗り越えなければならない心的外傷性ストレスなんだ。
いつか、きっと乗り越えなきゃ!

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

No title

さとさん、そんなに怖い経験をされていたのですね・・・
どんなに不安になったか、コワい思いになったか・・・
誰がやったのか、理由もわからない事件。
大きな心の傷が出来てもおかしくない出来事ですよ。
今は、旦那様が守ってくださるから、
よかったですね。
さとさんが早く乗り越えて楽になってほしいと願っています☆

2008/06/30 (Mon) 17:47 | らみゅ #j4vSe0qc | URL | 編集 | 返信

らみゅさんへ

凄く嬉しく、凄く励まされました。心の篭ったコメントありがとうございました(#^.^#)
ハイ、少しずつでも進んで行きたいと思っています。

2008/06/30 (Mon) 18:34 | さと #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/07/01 (Tue) 10:10 | # | | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。