--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008_08
13
(Wed)05:50

自分を受け止められる自分へ

こんな簡単な事・・・と言う事が難しくて、抵抗もあって苦しい事だったりする。

自分自身を自分で受け止める事。
自分自身のあらゆる感情をおおらかに受け止める事。
ストレスでいっぱいになった心の中を開放してあげる事。

どうやって良いのかがわからない・・。

対処の方法も、発散の方法も。
そうこうしているうちに、心の許容範囲を超えてドキドキしてくる。
はかはかしてくる。
ざわざわしてくる。
体中の血液がサーっと引いて、パニックになる。

上手に立ち回っている様に見えても、それは解消しているのではなく
見ないフリをして通り過ぎているだけ・・・。
向き合う事程、苦しい事はない。

それがそれなりに出来ていたらこんな風にはならないのかも知れない。

自分自身を受け止めると言う事は、悪いところもみっともないところも、情け無いところも全て。
だから、難しいのだと思います。

こんな自分が許せない…ではなく、許してあげれる様になりたい・・・。
人は失敗も間違いもあります。
完璧な人なんていないと思います。

ごめんね。そう言われて許してあげれる様に、自分も許してあげれる様になりたい・・・。
きっと、少し楽になれるんじゃないかって思う自分がいます。

人はみんな弱いと思う。
強い人なんていないと思う。

自分の弱いところも、受け止める事が出来る人ほどきっと強く見えるだけなのだと思う。
受け止める事が出来ないから、心が崩れ、乱れてどうしようもなくなってしまうのではないだろうか。

強くなろう・・・なんて思って頑張りすぎないでいれる様に自分らしくなりたいと思う。
そんな自分を認めて、受け止めてあげる事が出来たら、自分自身を守ってあげれる強さを備えた自分にいつかきっと出会えるはずだと信じて進んで行きたい。

これからも、応援宜しくお願いします。
   ↓
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

おはようございます

自分の弱さを認識して、私はこんな人間ですってオープンにすること…。
とっても難しいですよね。
誰でも、自分の弱点は認めたくないし、他人に知られたくもないですよね。

私は今まで、弱点を知られないように生きてきたと思います。
知られたときの反応や結果を恐れ、壁を作ってきたんだと。
壁を作ると、外からの反応も遮断できるけど、自分が外に向かって投げようとしたボールも、その壁に跳ね返って自分に戻ってきてるんですよね。
そのうち、壁はどんどん厚くなり、壁の中はボールだらけになって、いよいよ入りきらないっていうところまできて…。
っていうのが今の状態かな(^^;

私はたぶん、壁を取り去ることはできないんじゃないかなぁって自分で思います。
でも、壁を薄くして柔軟性を高めるとか、数箇所穴を開けて、そこから行き来できるようにするとか、まずはそういう風になれたらいいなぁって思います。
相当時間はかかると思いますけど…。


朝っぱらから訳わかんないコメントでごめんなさい(^^;

今日もあまり無理なさらないようにしてくださいね♪

2008/08/13 (Wed) 06:29 | フレイザー #- | URL | 編集 | 返信

フレイザーさんへ

そんなことないですよぉ~ありがとうございます。

何となく思い、何となくそうなれたらいいなぁ~って思って書いてみました。
そうかも知れないって、フレイザーさんのコメント読んで思ったところもあります。

どちらにせよ、時間はかかるだろうなって私も思ってます^^;

どんな形にせよ、見えないものが見えて、気付けないものが気付けたことを大切に、諦めないでいたいなって思います。

フレイザーさんは、確か今日お墓参りでしたよね・・・。
今日はお迎えの日ですもんね。

フレイザーさんも心穏やかにゆっくり過ごせます様に・・・。
フレイザーさん、ありがとう(^-^)

2008/08/13 (Wed) 16:33 | さと #- | URL | 編集 | 返信

明珠在掌

明珠在掌(みょうじゅたなごころにあり)と読みます。
「明珠」はこの上ない素晴らしい宝物です。
「在掌」は手のひらにあるということです。
「すばらしい、この上ない物は、すでに手のひらに握られている」ということです。「幸せはすでにつかんでいる」とうことです。
今息をしてますね。歩いたり立ったり、寝たり起きたり、食事したり排泄したり、普通にしてますね。
もっというと、無意識のうちに心臓が働いてくれてますね。
自然の恵みを頂いて、生かされてますね。

私は当初起きるのも排泄するのも億劫で、絶望の淵で、布団の中で寝たきりになってました。希死念慮も味わいました。
でも、「明珠在掌」に気付きました。
足りていることに気付きました(「知足」といいます)。

人間本来無一文なのに、あれも欲しい、これも欲しいと欲張って、手に入れられなくて、悲しんで、時には怒る。心の仕業ですね。
明珠在掌に、足りていることに気付かなかった、自分の至らなさ。
でも、気付いたおかげで、今はいい感じです。

こう考えると、気楽でしょw

2008/08/13 (Wed) 22:44 | オロナイン● #- | URL | 編集 | 返信

オロナイン●さんへ

ありがとう。

そうかも知れませんね。
こうしていれることの幸せがあることに気付かない。

あたりまえの様に、それを飛び越して色々思い、色々考え。。。
でも生かされていることの幸せがあったんですよね。

オロナイン●さん、ありがとう。

2008/08/14 (Thu) 05:06 | さと #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。