--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008_07
17
(Thu)17:18

怒りと憎しみと自分

今日は、こんなコラムに出会いました。

自分について良い感情を持てない。
受け入れてもらえるようなやり方で人と接することが出来ない。
自分の思いを表現することも出来ない。
それらを満たすことも出来ないでいる。

怒りだけを自覚することが出来ても他の感情に気付くことがほとんどないと言うことに気付けていない。

人生の大半が怒りと恨みに支配されていた。自分の痛みを怒りで紛らわしていた。
結果なんてどうでもよく、無頓着だった。
抑圧していた否定的な感情を開放する一つの手段だった。
少なくとも、一時的には自分の生命力を思うままに操る方法を教えてくれた。
怒りの放出はエネルギーそのものだったし、虚無を埋め合わせしてくれるから。

自分の持っている力に気付き、自分の力にすることが出来ないだけ・・・。

■強み
自分の感情に寄り添う
否認が軽度で、より正直である
創造的
ユーモアのセンス
疑問を持たずに人を先導することが出来る。

■弱み
不適切な怒りの表現
支持に従うことが出来ない
侵入的
若年時の社会問題を抱えている

大声で叫べば、誰かが気付いてくれるかもしれない。
欲しいものは自分で手に入れる。誰も与えてくれないから。

そして、その思いの先に対する感情は怒り。

単にうっ積した感情がもたらした結果ではない。
辛い感情に耐えられなくなったり、選択肢や選択の範囲を認識出来なかったりしたことが重なった結果・・・。

本当は、気付いて欲しい。
本当はわかって欲しい。
本当は認めて欲しい。
自分が価値のある人間だと尊重して欲しい。

どうして、良いのかわからないただ、こみ上げてくる怒りをコントロール出来ない。
コントロールする為の方法を学べなかったことに気付けない。

色んな過去、色んな問題、色んなトラウマ、色んなそれぞれ違う問題を抱えながら苦しみながらそれでも、私達は生きています。

この生き辛さを抱えながら、時に自分へ怒りを向け自己を非難し、自分を否定し、傷付けることだって抱えている苦しさを一生懸命表現している一つの手段として、選択してしまう・・・。

悲しく、辛く、苦しく、繰り返してしまう心の苦しみ。

きっと、開放への道への選択肢は多くあると私は思います。
それぞれが、それぞれの素敵な個性を持っていることに気付くことが出来て、それを素直に認め、受け入れることさえ出来れば・・・。

本当に難しい。難しいから、苦しく、辛く、悩み、どうしようもない自分を抱えはりさけそうな思いを抱えている。

答えなんて、きっと計算式の様になんて簡単にどこにでもある訳ではないと私は思います。
それぞれが、それぞれの答えを見つける手段や方法はあっても答えは、個性と同じでまったく別のその人だけの答えなのではないだろうか・・・。

私も、時々コントロール出来ない感情に悩まされることがあります。
原因は、病んでいることだったり、仕事のことだったり、意味すらわからない心のことだったり・・・。

このコラムに今日は、考えさせられた日でした。
怒りとは、正常な感情であるに違いないのに、そうすることでしか表現出来ないことの辛さがあって、時として非難されてしまうことが多い感情の一つであると言う矛盾。

殴ったら、殴られた方も殴った方の手も痛いはず。
自分自身を傷付けたら、本当は痛いはず。
それを、感じることが出来ないほどの無頓着にならざる得なかったものがあったこと。

答えを探しながら、それでも私達は生きているんですよね。
何度も言いたい、尊い命であることを。
この世に必要のない命なんてないと言うことを。

どうしようもなく、与えられた試練。
望まざるべくして、与えられた苦しみ。

乗り越えて行きたい、そう思えた1日でした。

これを読んで、気分を害した方がいらっしゃったらごめんなさい。
ただ、自分を大切に出来るのは自分自身であると言うこと、改めて自分自身に問うてみたかったんです。

これからも、応援宜しくお願いします。
  ↓
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

No title

私のブログへ訪問コメントしてくれて、ありがとうございました。
私は長年怒りと言う感情をコントロール出来ずにいました。
躁うつ病の特徴で、イライラしたり、ものすごく怒ったりするのです。
でも、今は大分安定し、怒っている時も、穏やかに忠告する事ができるようになってきました。

2008/07/17 (Thu) 19:19 | *麻耶* #195Lvy4Y | URL | 編集 | 返信

*麻耶*さんへ

コメントありがとうございます!ご訪問嬉しいです。同じです。薬の手助けのせいか、自分をそうであると言うことを認めることが少し出来てきたのか、以前より少し穏やかに過ごせる様になったみたいです。イライラも自分に対してなのか、何に対してなのかもわからなかった頃、何かに脅えていたと思います。また、遊びにいらして下さいね!私も遊びに行かさせて頂きます(#^.^#)

2008/07/17 (Thu) 19:54 | さと #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。